閲覧するにあたっての注意事項
・このブログは連続スペースを除去せずに表示してください
・このブログはしび文(句読点ナシ)で作成されています
・このブログに記載されているイベント等は架空のものです
・ですから人物等も架空のものです(一部は実在します)
・希に誤字が混じる場合がありますが内容に問題はありません
・地球環境に配慮し再生テキストが15%以上含まれています
・過って多量に読んだ場合はすぐに忘却し医師に相談すること
・体質によって読後にアレルギー反応を起こす場合があります
・2週間継続閲覧しても愉快でない場合は即中止してください
・どのような表記表現もすべて好意的に解釈してください
・12歳以下の児童の閲覧には保護者の判断をお願いします
・コメントやトラックバックを無断で消去する場合があります
・ブログ内は私有地につきネタバレ・誤報の責は負いません
・ブログは生ものですので開示後は速やかにお読みください
・室内を明るくして モニターから離れてお読みください
・室温は夏期は26度に冬期は18度に設定すると快適です
・ブログ内容の複製配布商業使用は常識の範囲内で許可します

2006年10月22日

すきま まんがだいすき 39

(しびる)>ういーっす んじゃマンガ枠の続きやるぞい
(のりこ)>あ おはようございます もうちょい待ってくださいね
      室井さんを最後まで見てから動きます故 コーヒーっす
(しびる)>冷え冷えのコーヒーか またドラマ見てんのかよ
(のりこ)>うんもー ジョニーさんサイコー きゃー
(しびる)>ギバをジョニーってさ お前何歳だよ トシばれるぞ
(のりこ)>ジョニーさんはジョニーさんでしょ 年齢を重ねるごと
      にステキになってゆくジョニーさん きゃー(ハート)
(しびる)>まあいいけどさ スピンアウトってゆーの? 他人のこ
      のテの手法は鼻につくよなあ 反省しなきゃいかんか
(のりこ)>ご自分は喜々としてスピンアウトされるのに?
(しびる)>他人のふり見て我がふり直せ 対岸の火事 よって他山
      の石と成す なんでもいいけど そんなところな
(のりこ)>さて終了 次週は八嶋さんですね んじゃまどの仕事か
      知りませんけどやりましょうか コーヒー飲みます?
(しびる)>もう頂いてるよ 冷え冷えのをな
(のりこ)>なんですか それ私が飲んでたのに そんなに我慢でき
      なかったのなら言ってくださればいいのに
(しびる)>そりゃ悪かったな んじゃ仕事の続きをしてもかまわな
      いかな コミックス枠でどうかと思うんだけど
(のりこ)>いいんじゃないですか まだやたら溜まってますし
(しびる)>あーそう ならそこいらのを順に片すか まずどれだ?
(のりこ)>んじゃ最初は『ごーごーこちら私立華咲探偵事務所1』
      ってタイトル長いので渡辺さんの指示どおり『華咲』
(しびる)>渡辺航の新作だな しかしうまくなったなあ 電車やっ
      て超絶うまくなった らびゅーも不思議な魅力と言えな
      くもないが 正直感動してるよ すばらしいな
(のりこ)>大絶賛ですね キャラが魅力的になりましたもんね も
      たもた女子がこんなふうに昇華するのかとか 引っぱっ
      て落とす切れ味もすばらしくなりました このへんは電
      車男の連載の効果ですかね
(しびる)>渡辺キャラのいいところは とにかくがんばるって方向
      性だろ それは以前からずっと曲がっちゃいないけどさ
      いい感じにアレンジされるようになった
(のりこ)>なるほど 電車くんのときは あれはまあ原作がアレで
      すけし ちょっとイヤな悲壮感がありましたけどね
(しびる)>ふむ 小ネタもきちんと入ってるし それも小さく落と
      してるし なんかお楽しみの1冊に仕上がってるな
(のりこ)>よかったですね んじゃ次いきます 竹本先生を2本で
      『コオニライフ』と『バラエティもーにん1』です
(しびる)>他所のことは言えんが あいかわらずアレなタイトルだ
      なあ まずコオニライフだけど 続編だよな?
(のりこ)>よみきりもの枠の続きですよね 今回は学園モノじゃな
      いという『縛り』ですか 内容はあいかわらずですが
(しびる)>タイトルにもなってるコオニライフって話 どれもヘン
      ちゃヘンだけど かるく重いよな どう思う?
(のりこ)>なにをいまさらって感じですね 気にしなきゃいけない
      なら『サトミー・オペラ』じゃないですか 作家さんの
      お話ですし 多作系の人には特にココロに響くような
(しびる)>そゆこと言うなよ まあいいや んじゃもーにんの方は
      どうよ? こっちはやたら縛りで描いてるけど
(のりこ)>どこまで引っ張れますかね 巻数1になってますから続
      いてるんでしょうけど キツイでしょ この感じは
(しびる)>そりゃキツイだろうけど 逆に縛られる方が別の意味で
      楽なんじゃねーの 姫とかだしたときに これがOKな
      ら楽に続けられそうだなとか思ったもん
(のりこ)>なんでもいいですけどね なにを描いても竹本先生
(しびる)>それが許されるんだからすごいよな まあレベルを保っ
      てるからこそなんでもいいんだろうけど なんでも作家
      がなんでもいいってわけにはいかないわな
(のりこ)>ですね んじゃ次は『ゲートランナー1』吉富昭仁さん
      て方は『RAY』の人だったんですね
(しびる)>ウチでは初めてだったかな EATーMANとか有名だ
      けど RAYもアニメの方はスルーだったし
(のりこ)>ふむ 絵柄はぎりぎりストライクって感じですかね で
      も設定は 特に悪人レベルはど真ん中です こういうち
      ょっと重ためのテーマのときには脇の人たちをなるたけ
      軽くしてもらわないと その点は100点です
(しびる)>その意見はわからんじゃないが でも逆に誰が敵か味方
      かゆるくなっちまうな 1巻ででてきた障壁はすべて解
      決しちゃって 大事なラストに方向性がなくなってるじ
      ゃん? ここは定石なら中ボスあたりを配置するだろ
(のりこ)>んー それは世界に対してとか 自分の能力に対してと
      か そゆのが敵ですよ でもまあサリーちゃんかわいい
      ですし この感じはしびさんのストライクじゃないかと
(しびる)>それほどでも(笑) ドジッ娘が全世界に受け入れられ
      てるってのは お前らどんくさ娘たちの妄想だ どんく
      さいのは男女関係なく社会の負荷にしかならねえ
(のりこ)>ひどい言われようだな!・・・です 自分のこと棚に上
      げているのか!・・・なのです とかとか(笑)
(しびる)>肉汁だってよう なんか特殊な趣味だな まあいいけど
(のりこ)>とにかく続巻は押さえましょう そろそろ2巻がでてる
      頃ですけど なんなら過去作品も押さえますか?
(しびる)>いや それほどじゃねーし キリないしな
(のりこ)>ういっす んじゃ次は『あるいて一歩!!1』武田すん
      さんですか このひとも初出ですね なんかすごく見た
      ことのある絵なんですけど 初出じゃないのかな?
(しびる)>これがメジャーのデビュー作だろ この感じはよくある
      からなあ これとか似てないか 荒居さとしとか
(のりこ)>しかしまあなにをいまさらの管理人さんですね 管理人
      さんというのは萌え要素なんですか?
(しびる)>んー 80年代の萌え要素ではあるかなあ 母親や教師
      や看護婦ではこのポジションは代替できないし これで
      どこまでもってくのかしらないけど 少しは効くだろ
(のりこ)>ウチで取り上げるほどの作品でもないような気がします
      が なによりパンツ見える系のコミックスですし
(しびる)>まあね もうちょっときつめの設定が王道なんだろうけ
      どな このくらいでいいじゃん 平和でさ
(のりこ)>ふうむ んじゃ次は『じゅっTEN!1』作者名は絶叫
      さんでいいのかな これはまたしかし・・・
(しびる)>企画モノだろ とにかく売れるためにはどうすればいい
      のかって そゆのをネタにするマンガはたまにあるけど
      それを本気で実践してるのはエライと思うのな
(のりこ)>企画モノの企画モノですか 古くは『サルまん』とか?
      ちょい前なら『鬼堂龍太郎』とか? そゆの?
(しびる)>うんまあ そのラインはどうかと思うが とにかくまず
      は主人公の入学式でパンチラ 願いを叶えるとかって魔
      法少女の登場だし ツンデレ娘はライバルだし 展開が
      弱いなと思いきや取って付けたようにモテ系男キャラが
      親友だってさ あいつらどこから湧いてきたんだよ
(のりこ)>なるほど そういう読み方ですか こんなの取り上げて
      どうかと思いましたが ただのオッパイマンガじゃない
      のか って ホントにどうでもいいです この作品
(しびる)>ゆるいのもキライじゃないんだけどなあ まあいいか
(のりこ)>んじゃ次は『絶望に効くクスリ7』 山田さんのこのシ
      リーズは何本かやりましたっけ? 覚えないですけど
(しびる)>やってないんじゃねーかな てかさ もう100行超え
      てるし 続きは次回やろう もう眠いわ
(のりこ)>今回はなんか内容が薄かったですしねえ もうちょいや
      りたいところですけど んじゃま終了ということで
(しびる)>んじゃまたあした
posted by 篠原しびる at 02:22| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(4) | すきま まんがだいすき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

すきま まんがだいすき 38

(しびる)>ういーっす ビールくれ あとなんか食うもの
(のりこ)>あ おはようございます ビールはそこのストッカーに
      入ってますからご自由に ってわけにいかないか っと
(しびる)>上司を使うなよ なに見てんだよ ドラマか?
(のりこ)>『踊る木島さん』です もー寺島さんサイコー きゃー
(しびる)>国産ドラマなんか見るなってんだろ よりによって踊る
      シリーズかよ んなぬるいシリーズ バカじゃねーの
(のりこ)>バカにされたっていーもん ちょーさんが亡くなって本
      編が続かないのはホントに悲しいですけど こうやって
      派生したいくつもの物語を見ることができるのは ちょ
      ーさんの置きみやげだと思って素直に感謝しています
(しびる)>まあ なんだ 惜しい役者を亡くしたな てかさ そゆ
      こと絡めて話すなよ ズルイなお前 食うものはまだか
(のりこ)>はいはいいますぐ あしたは室井さんのお話ですし キ
      ッチリ録画しないと タラコイカスパでいいですね
(しびる)>なんでもいいや きょうは時間もあるし マンガ枠をや
      ろうと思うんだが なんならこのままテレビ枠やるか?
(のりこ)>ドラマ不可ならなんでもいいです コミックスも3桁く
      らい溜めてますから いいんじゃないですか それで
(しびる)>『水曜どうでしょう』を語らせろよ お前だけドラマの
      話してスッキリかよ ビール追加な スパはまだか
(のりこ)>できましてごじゃりまする 私も飲もうっと なんかあ
      たりまえのように毎回500グラム袋をゆがいてますけ
      ど これでだいたい6人分はありますよね
(しびる)>のりこが食う分だけ減るけどな なら1キロ袋をゆがけ
      ばいいじゃん のりこが3人前食えばちょうどだろ
(のりこ)>あんまし炭水化物ばかし食べるのもどうですかね イカ
      そうめんは冷凍ですし たらこは常備してますから作る
      には問題ないですけど んー でも美味しいですねえ
(しびる)>んじゃ食いながら始めるか って特に資料とか揃えてな
      いし そこいらにあるのを片すか どれいく?
(のりこ)>えーっと まずこれですか『惑星のさみだれ1−2』
(しびる)>水上悟志か ウチでは初出だったかな このキャラ造形
      はどこで見た感じかね 泥人形とかってモンスターはあ
      りありだけど いい感じじゃねーか そこそこの画力で
(のりこ)>アゴの線が萌え要素不足ですかね 女の子はままかわい
      いですけど でも設定は好みですよ 悪人レベルもほど
      よいですし なんか危うさは常に感じますが
(しびる)>んー 設定の危うさな 主人公のモチベーションという
      か動機というか 達観しすぎてる部分があると思いきや
      些細なことにこだわって どうもレベル設定が危ういな
(のりこ)>ですね いきなしノイとの遭遇に驚くのはあたりまえと
      して 4話くらいにはもう『姫のためなら殺れる』とか
      言ってますし ちょっと早いんじゃないかなー
(しびる)>そゆのは気にしなくていいんだろうけど じいさんとの
      確執の話とか これは2話程度でここまで解決してもい
      い設定だったのか? とか思うな 貧乏性かね
(のりこ)>東雲さん殺しちゃうし ううう なぜそこまでお姉ちゃ
      んに試練を与えますか ところどころでキツイですねえ
(しびる)>そうなんだよな それほどひねくった展開じゃないのに
      ちょくちょく直撃弾がくるんだわ おそらく狙ってるん
      だろうけど こゆのが才能かね すごいなと思う
(のりこ)>めずらしく褒めますね
(しびる)>まあな あーそうか モンスターの造形とか バトルシ
      ーンの描写とか この感じは『寄生獣』の岩明均だな
(のりこ)>あーなるほど そういわれて見るとそうですね しかし
      あれですよ お姫さまに『一緒に死になさい』とか言わ
      れて『御意』とか答えるのは男の子の夢ですか(笑)
(しびる)>さあ? そういう属性はないので でもまあ 破壊衝動
      を持て余してるヤツは多そうだし それに意味や方向性
      を与えてくれる存在が ましてや美少女なら命掛けても
      いいとか思うのかね とにかく引き続き要チェック
(のりこ)>かなり展開早そうですし 数巻で終わるかもしれません
      けど んじゃ次は『鈴木式電磁的国土拡張機』です
(しびる)>栗原高弘もウチでは初出だな 初回はなんだこれは?と
      か思ったけど 再読するとまったく違和感ないな
(のりこ)>まあ ウチの芸風にも似た部分がありますしね
(しびる)>作風だろ そもそもは全年齢向けのマンガ描いてる人間
      じゃないらしいし 微妙なエロがまたいい塩梅で
(のりこ)>評価はそこですか(笑)
(しびる)>そうじゃないけど そもそも登場人物の誰も異世界に愕
      かないのな この空気がまたいいんだわ
(のりこ)>異常な設定をまったくありものとして説明しないのがい
      いですね 軽く説明してるのも説明の呈を成してないで
      すし この感じはかなり決め込んでると思いますけど?
(しびる)>さあね まあそうなんだろうけど 誰でも基本的なウソ
      世界観ってあるじゃん それが剣と魔法だったりプチハ
      ーレムだったり 彼の場合はこゆのがそうなんだろ
(のりこ)>ウソ世界観ってありますか 初耳ですけど
(しびる)>クリエータなら誰でも持ってるんじゃねーの? そゆの
      がないとなにも創造できないじゃん リアル世界はどこ
      ぞの神がそういう世界観を基準に創造したんだろうし
(のりこ)>なるほど 創造神はけっこう普通な感性の持ち主だった
      んですね てかめっちゃふつうの人ですよね 神さま
(しびる)>だわな もうちょっと工夫とか欲しかったな
(のりこ)>でも女の子はみんなネコ耳にシッポとかってのもイヤで
      すけど(笑) 日常に超能力とかもややこしいですし
(しびる)>それも言えるな ってことで栗原高弘は全押さえ指定と
      する あんましいろいろ描いてないみたいだけど
(のりこ)>了解っす んじゃ次は『ディアモンキー西遊記2−3』
      ですけど 1巻は紹介しましたっけ?
(しびる)>どうだったかな 『ジョバレ』の白井三二郎だな
(のりこ)>ちょっと古めの画風ですけど さすが毎回うまいですね
(しびる)>ネタ満載 こうでもかって攻めてくるな 基本はド根性
      ものなんだ それに加えてプチエロ うまいねえ
(のりこ)>敵魔族も含めて 悪人レベルも完璧ですよ こゆのは私
      的にストライクな設定です 西遊記ってドラマでは堺さ
      んのシリーズが基本ですけど あの頃の妖怪と人間のリ
      リカルな関係 やっぱしこの作品もそれが基本なんです
      ね おそらく我が国だけの独自の解釈ですよ
(しびる)>大きくでたな でもまあそうかな 元ネタは勧善懲悪の
      妖怪退治なんだけど この作品にしろ香取にしろ こう
      いうふうに解釈するって手法は やっぱすごいな
(のりこ)>しびさんは国産ドラマってバカにしますけどね ハリウ
      ッド映画にはない細かい機微は それはそれで評価に値
      すると思うんですよ たしかに巨大スペクタクルは苦手
      ですけどね 培った情動描写をアニメやマンガでやれば
      いいんです それがメインなんですから
(しびる)>ドラマを否定してるじゃん まあいいや えーっとやっ
      ぱしゴジョウだろ メカフェチ幽霊の鈴鈴もいいけど
(のりこ)>鈴鈴ちゃんはしびさんお気に入りのゾンビですしね
(しびる)>ゾンビはイヤだなあ 彼女は幽霊だろうが
(のりこ)>天極四闘星でしたっけ あの子たちが登場したときはめ
      んどうなキャラが増えたなあと思いきや キッチリ落と
      してくれますし やっぱ展開めちゃウマですよ
(しびる)>沙悟浄とか猪八戒とか メインキャラ以外にいわゆる本
      物がいるのな ゴクウもそうだし つまりこの筋は外伝
      でオリジナルってことの宣言なんだろうな
(のりこ)>そういうことなんですかね しかし毎回テンション高い
      ですけど これで何巻まで続きますかね ちょい心配
(しびる)>こういう作風だし 途中でダレることもないだろうさ
(のりこ)>ならいいですけど んじゃ次はー
(しびる)>まあここまでにしておくか もう120行超えてるしさ
      そろそろ眠いし帰って寝るわ あと締めておいてくれ
(のりこ)>ふわーい んじゃお疲れさまっす
(しびる)>ふむ またあしたな
posted by 篠原しびる at 01:27| シンガポール 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | すきま まんがだいすき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

すきま まんがだいすき 37

(しびる)>ういーっす 暑いよなあ どうにかならんか
(のりこ)>あ おはようございます 残暑ですよねえ 地域によっ
      ては床上浸水くらい雨が降ってるのに 降りませんから
(しびる)>降らないよなあ まあいいや なんかやるぞい
(のりこ)>なんかって えーっと コミックス枠で立ち上がってま
      すけど やたら溜まってるコミックスを片しますか
(しびる)>んじゃそれで なにからやるかなあ 最近チェックした
      ものといや溜めてた『いぬかみっ!』とか
(のりこ)>あー アニメじゃないですか そもそもあんなモロ直球
      の深夜アニメ ばかばかしいったらありませんよ
(しびる)>やっぱ80年代テイストには弱いからねえ これはもう
      DNAに書き込まれてるのかねえ それに深夜アニメた
      ってパンツ見えない系だし 健全なもんだ
(のりこ)>ばかばかしいです んじゃコミックスで まずはこれ『
      はやて×ブレード1−5』 林家志弦さん? 初出?
(しびる)>初出じゃねーだろ コミックス版の『おねてぃ』を描い
      てただろうが 扱ってる作家の名前くらい覚えろよ
(のりこ)>とは言われましてもね ざっと100人さんくらいの名
      前なんか 全部作品とあわせて覚えるなんてムリですよ
(しびる)>なにもムリこにじゃねーだろ 絵柄や内容に興味を持っ
      て金払って買った作品なんだし まあいいや それは
(のりこ)>それはそうと既刊5巻を一気買いですね 連載は電撃で
      すか ウチがいままで放置してたのが不思議なくらいの
      グレードですけど なんかどこかで見たような絵ですね
(しびる)>んー 似てるといや 渡辺多恵子かな タッチとかキャ
      ラの設定とか 特にメンタルなところへの踏み込み方と
      かはそっくりだな 剣技ものは『風光る』 剣での傷跡
      は『聖14グラフィティ』で使ってたし 彼女のところ
      でアシでもやってたんじゃねーのかな
(のりこ)>なるほど そういや『風光る』って途中まで追い掛けて
      辞めちゃいましたね 既刊揃えましょうか?
(しびる)>いや 渡辺作品は『はじめ』で完結でいいと思うし
(のりこ)>しかしキャラを作り込んでますよねえ おねてぃのとき
      にはありものでしたからそれほどどうかと思ってました
      けど 生徒会ものというジャンルはこの国にすっかり確
      立されたようで いかにもアニメ化されそうな
(しびる)>秋の改編には間に合わないか この林家って画力はある
      し上品で上質な作風だわな ままこれからもてきとうに
      追い掛けてゆこう ってことで次いけ
(のりこ)>ういっす んじゃ次は これまた生徒会ものの『仕切る
      の?春日部さん1−2』 竹内元紀さんは初出ですね
(しびる)>いいギャグだなあ 完全にシモネタだけど
(のりこ)>このセンスは古賀先生に通じる感じですか
(しびる)>んー 古賀のエロキャラはもうちょい上品か(笑)
(のりこ)>しかしまあこれだけ細かくネタを詰めるのってタイヘン
      ですよね コマすべてで何個かやってるじゃないですか
      こゆのって長く続かないと思うんですよ やっぱし
(しびる)>ギャグ系は早く消耗するっていうからな 捨てコマに額
      縁ネタを描いてるようじゃタイヘンだわな あんまし絵
      柄自体には力を入れてないようだけど
(のりこ)>でもカバーイラストとか この感じは完全に『あずまん
      が大王』を意識してますよね ホントはあずまさんみた
      いなマンガを描きたいのにと見ましたが?
(しびる)>理想と方向性は別もんだからな なかなかうまくいかん
      わな でもまあこれはこれでおもしろいからいいじゃん
(のりこ)>そうなんですけどね んじゃ次は 矢上さんの『ヒッカ
      ツ!3』 最終巻です 意外と早く終わりましたか
(しびる)>まあな あんまし引っ張れるようなネタでもなかったけ
      ど 同人区ネタは思ったほどおもしろくならなかったし
      これがうまくいけばバリエーションで数巻は延びたんじ
      ゃないかな まあ3巻はてきとうな分量だろ
(のりこ)>ラストが地球の復活を否定して終了とは思いませんでし
      た たしかにながらで終わらせるには大故障時代を終了
      させるべきではないんでしょうけど しかしきっぱし
(しびる)>矢上作品だしな このネタのラストとしては満点だよな
      毎度キレイに終わるんだこれが すごいなと思う
(のりこ)>しびさんはえらく評価しますよね 矢上さん
(しびる)>うん 絵柄はストライクから外れてたんだけど いまは
      この絵にも慣れちゃって心地いいな なによりもココロ
      がいいんだ 設定の人間性というかな そんな感じ
(のりこ)>わかる気がします んじゃ過去作品とかも揃えますか?
(しびる)>いや 『コスモス荘』以降ってことでいいわ
(のりこ)>しびさんのその割り切りもどうですか(笑)
(しびる)>キリがないからさ こゆのはそこそこにしておかないと
      もうホント収納がやばいんだわ って理由でどうだ?
(のりこ)>ごもっともです はい んじゃ次はどれかなあ
(しびる)>眠くなってきたからこれやろう カネヒラの『deR』
(のりこ)>このひとは事務所での扱いは不可にしませんか?
(しびる)>あのさ これは全部ネタだし 毎回手を替え品を替えて
      1本仕上げるってのはウチも同じじゃん シンパを感じ
      こそすれ嫌悪するってこたあないだろ マジな話
(のりこ)>しびさん式で言えばココロがダメなんですよ 人間性が
(しびる)>そゆのはいいんだ 例えばさ『NHK』を読んでるより
      カネヒラの方がきついんだわ NHKはものを作るふり
      だけど カネヒラはものを作る苦しみだろ
(のりこ)>そゆ側面から見れないので 嫌悪感だけです
(しびる)>いいや 趣味嗜好はそれぞれだし んじゃ終了で
(のりこ)>ういっす 眠くなりましたか
(しびる)>もう限界 帰って寝るわ
(のりこ)>お疲れさまです
posted by 篠原しびる at 02:14| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | すきま まんがだいすき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

すきま まんがだいすき 36

(しびる)>ういーっす 蒸し暑くてたまんないよな ビールくれ
(のりこ)>あ おはようございます えーっと 経過を説明します
      と あのあとしびさんは晩ご飯を食べてビールをどっち
      ゃり飲んでぐっすりお休みになりました 以上です
(しびる)>たまの休みじゃん? ビール飲んで早めに寝てなにが悪
      いよ あんまし酷使すると壊れちゃうぜ マジな話
(のりこ)>悪くないですけどね なら最初からそうすればいいと
(しびる)>ごちゃごちゃうるさーい 寝ちゃったものは仕方ないじ
      ゃん そんなに文句あるならのりこがやればいいじゃん
(のりこ)>あーはいはい ビールです まだ寝ないでくださいよ
(しびる)>んぐんぐんぐ ぷはー むう ねむねむだなこりゃ
(のりこ)>なんか食べますか 冷蔵庫になにがあったかなあ あん
      ましお腹を膨らませない方がいいかもしれないですけど
      ね なにか細長いものは んー パスタでいいですか?
(しびる)>なんでもいいや パスタって ソースはなによ?
(のりこ)>晩ご飯の残りのタラコがありますから バターかオリー
      ブ油でからめてタラコスパゲティですかね
(しびる)>のりこの晩飯の残りかよ んじゃそれくれ ビールと
(のりこ)>もう飲んじゃったんですか これから仕事しなきゃいけ
      ないんですからね とにかくパスタを茹でちゃいます
(しびる)>このくらい水みたいなもんだ ならパスタ待ちのあいだ
      に ちゃちゃっと仕事をしちゃうか なにからやるかね
(のりこ)>新しい順ですから まずこれですか『スクラン13』
(しびる)>あー アニメの方のチェックを怠けてるからなあ そっ
      ちとのリンクで語れないから 単純に内容でいくか
(のりこ)>もう13巻ですか なんやかんやでだらだら進めてるよ
      うな印象ですけど しかし今回はちょっと深いところま
      で展開してますよ まず播磨くんのマンガネタが
(しびる)>なにを隠してるのかねえという感じだったけどな
(のりこ)>ですね そもそもマンガネタは唐突でしたけど こんな
      に引っぱってどうケリを付けるのかと思いきや やっぱ
      しそんなにインパクトは与えられなかったようで
(しびる)>いちおう天満はショックを受けてたってことになってる
      けど 思ったほどじゃねーわな どっちかってーとネタ
      的にめんどうになったから解消したってところかな
(のりこ)>それは言い過ぎかも でもないかな ホントなら八雲ち
      ゃんと播磨くんのあれこれを説明してって感じが筋でし
      ょうけど そこはもう端折られてるんですよね
(しびる)>説明してもクドイだけだ あといろいろ進展してるわな
      てか あんましどれも進展してねーか どれも
(のりこ)>まず ミコチンとその先輩と麻生くんの話ですけど ま
      あ設定は理解できるんですけどね 花井くんと麻生くん
      の稽古は流れとして 花井くんのお父さんの反応はいま
      いち理解できないんですよ どう解釈します?
(しびる)>花井の親父って あー豆腐買いに行かされたオッサンか
      そもそも花井と麻生の稽古ってのは 神津って先輩が関
      係してるんじゃなくて 麻生が花井にケンカを売ったん
      だろ? それを花井の親父が見てたんだわな
(のりこ)>んー そうなんですか ちょっと違うような気がします
      けど ここはやっぱし麻生くんが表現できないもやもや
      に襲われて その解消に花井くんを利用したと
(しびる)>ならそれでもいいけど そのただならぬ空気を見てた親
      父は立ち入らないことにしたんだろ 男として
(のりこ)>そゆことなのかなあ あのBBQパーティはクリスマス
      の前ですよね あーそうか ミコチンに誘われた麻生く
      んは道場のクリスマスパーティだから なんか苦手だな
      あって話になるんですね そもそもミコチン麻生くんラ
      インというのは固まってるんでしょうか
(しびる)>さあな タイマー鳴ってるぞ パスタなんじゃねーか?
(のりこ)>はいはいはい んじゃちょっと脱線して谷先生と妙ちゃ
      ん先生はどうでしょ って語るまでもないですけど
(しびる)>姉ヶ崎はフリーだしな 播磨ラインは意味ないし 最終
      的には繋げるかな まあ展開次第ってとこか ビール
(のりこ)>タラコスパゲティですよーん じゃじゃーん
(しびる)>よし食うぞい じるじるじる あとビールな
(のりこ)>私も食べよう ビールっす 私も飲もう とくとくとく
      んくんくんく ぷはー いやいや 美味しいですねえ
(しびる)>夏はビールだわな 秋も春も冬もビールだけど
(のりこ)>ホント年中ビールしか飲まない人ですもんね 妙ちゃん
      先生といえばいきなし新キャラ登場ですね 理事長さん
      の御子息 なんか造形がぬーべー先生っぽいですけど
(しびる)>加藤なんか既にネタキャラに降格されてるのな 教師ネ
      タはそれほど拡げるつもりもないのかなあと思ってたけ
      ど どうするよ? 最終的に全員ケリつけるんだろうな
(のりこ)>どうでしょうね あとラストでメガネっ娘の結城ちゃん
      がパパラッチの彼 冬木君でしたっけ 彼といい感じに
(しびる)>その線は薄かろう まあいいけど あとララはあの扱い
      でいいのか? もう湯気立てて爆走するだけなのか
(のりこ)>しびさんはララちゃんスキですもんねえ
(しびる)>ララだけは色恋から独立してがんばってるからな 他は
      でてくるヤツみんなスキだのキライだの いいけどさ
(のりこ)>そーゆー作品ですから(笑) んじゃ次はコミックス版
      『涼宮ハルヒの憂鬱2』ですかね 朝比奈ちゃん萌えー
(しびる)>いや 涼宮の方のハルヒはアニメと原作とまとめて特集
      を組む よって今回はパス 次いけ そしてビールくれ
(のりこ)>はあまあいいですけど んじゃどれかな 新顔さんです
      けど『ケメコデラックス!01』いわさきまさかずさん
(しびる)>このケメコってのさ いしかわじゅんがなぜいまさら萌
      え系? って感じの造形だよな それ以外には見えない
(のりこ)>なるほど この下腹の感じとか いしかわ先生ですよね
(しびる)>あと おまえら目を覚ませ! ガキんときの許嫁がある
      日パワフルガールになって現われて おまえらの嫁にな
      るってこたあ実際には絶対ないからな ないんだぞ
(のりこ)>ないですよねえ あーそうか この感じは『デス・プリ
      』とかそっちの方ですね 設定似てますねえ
(しびる)>デスプリは頭おかしいから(笑)
(のりこ)>まあおかしいですね あと10年前の彼女がエムエムち
      ゃんなら年齢がちょっと合わないですか そこんところ
      にももう少し設定がありそうな感じですけどね
(しびる)>そゆのはどうでもいいや しかしまあケメコのネタはち
      ょっと評価対象かな『ゆとりが個性を育てると思うな』
(のりこ)>あはは 『はい今ケメコ先生がいいこと言ったぞー』
(しびる)>まだちょっと甘いけど なまぬるく見守ろう しかし母
      親がマンガ家だったり 妹がすぐに日和ったり 解説ち
      ゃんに解説くんに 記号ばっかしで作ってるよな
(のりこ)>最近のこのテでは仕方ないですよ あとどれだけそれを
      オリジナルに料理するか 逆にここまでありもので そ
      れでこれだけおもしろいなら それはもう類い希な才能
      ってことだと思いますよ
(しびる)>それもそうだわな んじゃそゆことで 次いけ
(のりこ)>えーっと 『銭4』ですか 今回冒頭はブリーダー編の
      締めです 仕方ないから夢で落としましたか
(しびる)>生身にアクセスする方法って限られてるからな 霊感の
      鋭い人間に直会話とか カフェのときの霊能力者を介し
      てってのもその亜種だし あとは幽霊だろやっぱし
(のりこ)>しかしまあいろいろなお仕事のいろいろが見られておも
      しろいですね みそさん本業はルポマンガらしいですし
(しびる)>まあな でもどの業界がどうだろうと想像の範囲内だわ
      な 仕事の基本はどの世界もあんまし変らないし 犯罪
      はまた別種だろうけど だいたいピラミッドがあってさ
      質と量と金額のかけ算だろ それを客数で割るわり算で
      市場規模はお互いのキャパだわな それがすべてじゃん
(のりこ)>よくわかんないですけど 今回声優さんの話で萌え談義
      があるじゃないですか 『幼さ』『従順』『無垢』?
(しびる)>あったな ちょっと違うと思うけど そう解釈する方が
      わかりやすいかな てかそれで正解だわな ってことか
(のりこ)>やっぱしそういう要素って必要なんでしょうか
(しびる)>必要って のりこにか? その3要素からすれば真逆だ
      ろ 歳食ってるし? 反抗的だし? スレてやがるし?
(のりこ)>むっ! なんて暴言ですかね まったく そうじゃなく
      て作品にですよ 逆に萌え要素があれば本物にはなれな
      いんでしょうか なんか最近そゆことを思うんですよ
(しびる)>あんまし重要な要素じゃないと思うぞ 本物ってのは文
      学作品とか名作映画とかそゆのを想像してるんだろうけ
      ど どう使うかが重要であって 所詮 材料は材料だ
(のりこ)>そうなんですかね んじゃ話題を戻します 今回はあと
      がきにもありましたけど ホント各話のタッチがいろい
      ろですよね これだけ変化するかなあと驚くくらい
(しびる)>特にジェニーの変化が顕著だな メガネのタッチだけで
      あれだけ変るものかね さあて 腹も膨れたし
(のりこ)>おやもう140行超えてますね だらだら喋ってました
      らば そろそろ締めにしましょうか ごちそうさま?
(しびる)>うん もういらない 眠くなってきてから帰る
(のりこ)>ういっす んじゃ片しますか あとはやっておきますか
      らとっとと帰って寝てください お疲れさまっす
(しびる)>うい んじゃな
posted by 篠原しびる at 01:11| シンガポール ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | すきま まんがだいすき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

すきま まんがだいすき 35

(しびる)>ういーっす んじゃ『第17回アフタヌーン会議』を始
      める さっきようやく2月号を読破した やばいやばい
(のりこ)>あ おはようございます てか あしたには3月号が発
      売されますからね 月刊誌も追い付いてませんか
(しびる)>週刊誌も2週くらい遅れて読んでるもんなあ 雑誌読む
      時間もない生活ってどうよ? スピリッツとモーニング
      だけなのに かなり読む作品も減ってるのになあ
(のりこ)>スルーする作品が増えてきたってことは 雑誌変更の時
      期かもしれませんね コミックス買う作品は読まなくて
      もいいでしょ てか読んでないでしょ 例えばスピリッ
      ツなら小田さんとか吉田先生とか
(しびる)>かもな でも微妙なのが多いじゃん? 浦沢とか細野と
      か江川とか中崎とか チェックはするけどコミックスは
      買わないよな するとつまり大本命の次の作品のために
      雑誌を買ってるってことになる やや不毛だよな
(のりこ)>なるほど でもまあ雑誌ってのはそーゆーものかもしれ
      ませんね 保存しない使い捨ての媒体ですし
(しびる)>もったいないよな テレビだって一部のドラマ以外はほ
      とんど再放送されなくて 考えればラジオも新聞もすべ
      て情報や作品は使い捨て まとめて文庫化なんてのは別
      としても 量的にはほぼ100%使い捨て どうよ?
(のりこ)>んー あーでもネット媒体の情報なんかはストックされ
      ていきますよね どこまで保存容量が拡大してくのかし
      りませんけど 検索エンジンなんかリンク切れのページ
      まですべて保存してるでしょ いつまで増えるのかな
(しびる)>ふむ 加速度的に増えてるはずだわな どこかで粛正ラ
      インが設定されてるのかもしれないけど たいていどの
      情報も消滅せずに保存されてる こういう側面が他の媒
      体と一線を画す部分なのかもしれないな
(のりこ)>商業主義とは相反するから排斥されるんですかね(笑)
(しびる)>使い方次第だと思うけどな まあいいや んじゃアフタ
      ヌーン会議を始める この最近はやたら付録が付いてる
      から困るよな 毎号亀甲縛りで棚に並んでるし
(のりこ)>開けてないですけど フィギュアが入ってるんですかね
(しびる)>そうじゃねーの? さて冒頭は幸村の新作だな
(のりこ)>『プラテネス』の幸村誠さん マガジンからの移籍です
      か いきなり17話とか言われましてもねえ あ!
(しびる)>プラネテスだろ なにがあったか知らんが こういうの
      ってネタとしては聞いてても 実際に目の当たりにする
      のは珍しいよな んー 欄外に作者のコメントがあるな
(のりこ)>そうか 第17回会議はここからきてましたか あいか
      わらずいじけた眼差しのうまい人ですよね この少年が
      主人公で女の子がその相方になるのかな
(しびる)>さあね こういう歴史物って苦手じゃないけど得意分野
      でもないしな 岩明の『ヒストリエ』とか チェックは
      するけどさ ウチは『G組』くらいでいいや
(のりこ)>あれも歴史物ですか(笑) んじゃま次の新連載は『雲
      のむこう 約束の場所』新海さんと佐原さんのコンビで
(しびる)>タイトルからして新海節だよなあ やっぱし空は飛ぶの
      か 空ばっかし見上げてる作風だし あと軍隊と
(のりこ)>すれちがい 男女の距離 そゆのですね
(しびる)>3題小話みたいと言うとファンに叱られるか ちょい辛
      気くさい展開だけど まま追い掛けよう んじゃ次
(のりこ)>えーっと どうせコミックスを買うって作品はあまり読
      んでないんですけど 『げんしけん』がなんかえらいこ
      とになってますよね 萩上ちゃん 笹原くんと
(しびる)>サークルってさ 簡単に男女がひっつくんだ そもそも
      広いキャンパスで選りに選った似た者たちが集まってる
      わけだし サカリのつく年頃だしな 仕方ないんだわ
(のりこ)>またミもフタもないことを(苦笑) トラウマの萩上ち
      ゃんが救済されるためにもここはひとつ笹原くんが
(しびる)>いや 意外と笹原の気分は盛り上がってたんだな あい
      つ主眼から離れて久しいし いまいちなにを考えてるか
      わからなくなってたけど あー青春だねえ ふん
(のりこ)>なぜ鼻で笑われるんだか(苦笑) あまり寝過ぎると悪
      夢を見るってのわかりますよ 私もそうですし
(しびる)>いいねえ 寝過ぎるってか? 生きることに必死だと夢
      見るヒマもないよ そんな君たちが羨ましいねえ
(のりこ)>うわ やばいやばい 地雷踏んじゃった えーっと 急
      に盛り上がったところで笹原くんが『うわあ ゲームの
      中みてえ』とか言うじゃないですか なんか冷静ですね
(しびる)>すぐにパニくってるけどな いきなりの現場で一瞬冷静
      になるってこともあるもんだ 交通事故の瞬間とか
(のりこ)>その話題もヤバそうなのでスルーしますね さて んじ
      ゃこのふたりはどうなりますか この先は
(しびる)>ひっつくだろ それ以外考えられないじゃん んじゃ次
(のりこ)>まあそうですけど なら次は北道先生のちょっと長編で
      『任侠乙女学園』 このイメージはモコちゃんの江戸文
      化研究家の番長さんからですかね ネコマンガですけど
(しびる)>超絶うまいよな 北道は天才指定したっけ?
(のりこ)>まだじゃないですか んじゃ北道先生は天才ってことで
(しびる)>おう 仕事量が少ない以外どこをとっても満点じゃん?
      ぽちょむきん以前は知らないけど 調べて補完しよう
(のりこ)>あんまし聞きませんねえ 同人誌じゃないですか てか
      とても新人さんじゃないですよね『ぽちょむきん』は
(しびる)>ふむ まあその辺は追々やろう んじゃ次は『爆音列島
      』だな 予定よりちょっと遅くなったが予定どおり事故
      死したマニヨンの追悼集会だな 代わりに新キャラの宮
      本も定着したし 最近はタカシの目付きも変ってきてさ
(のりこ)>あー 私はパスです んじゃ次は『ヨコハマ』 どうせ
      買うからってことで故意に読んでなかったんですけども
      いきなりマッキちゃんのこどもが タカヒロくんのこど
      もだってことは夫婦ですか いやあ 感慨ですねえ
(しびる)>爆音話をさせろよ ったく たまにすぽーんと時間が進
      むからな アルファはそのへんは関係ないし
(のりこ)>ミサゴちゃんもですね 変ってゆく生身の人間たち ゆ
      っくりと変ってゆく自然環境 そして変らないアルファ
      ちゃんやココネちゃんたち この作品は3つの時間軸で
      構成されてるんですね この先どうなるんだろ
(しびる)>キャラがゆっくり入れ替わるんだろ どこまで描くかな
(のりこ)>んー やっぱしそうなるのかな んじゃ次は
(しびる)>いやもう眠くなってきたから終わりにしよう もう帰っ
      て寝るわ ふわああ もうすぐ起床時間だし(苦笑)
(のりこ)>それはたいへん 寝なきゃ起きられませんからね 一日
      のスケジュールが初っ端からダメダメじゃいけませんし
(しびる)>だわな(笑) んじゃ以上解散 また数日後にな
(のりこ)>ういっす んじゃお気をつけて
posted by 篠原しびる at 02:34| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | すきま まんがだいすき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

すきま まんがだいすき 33

(しびる)>ういーっす また雪だなあ 南の島にでも移住するかね
(のりこ)>あ おはようございます あら またまんが枠ですか
(しびる)>うん どんどん読んでるからどんどん片していこうと思
      ってさ さあてきょうもたいしてウンチクもなく役にも
      立たないくせにネタバレばりばりなマンガトークでもす
      るかね とか前説してるうちにコーヒーでも入れろ
(のりこ)>あーはいはい 既に用意してます 雪ですか
(しびる)>降ってるねえ さて きょうの1本目はこれ 『ラブロ
      マ5』 今回が最終巻だな 予定どおりの大団円か
(のりこ)>ですね プラトニックに終わらせるのかと思いきや さ
      すが青年誌掲載作品 きっちりとやっ(以下略)
(しびる)>まあな 別になくてもいいとは思うけどさ カップルの
      決着としては性行為も普通だわな ただ朝帰りの父親に
      ウソのいいわけはどうよと思うけど どうよ?
(のりこ)>普通の流れじゃないですか 正直に話すと血を見ますよ
(しびる)>んー でもさ あそこで正直にぶっちゃけるのが星野の
      唯一のキャラ性じゃなかったのか あれじゃ根岸の家族
      と初対面したときのイベントが空洞化するだろ
(のりこ)>てか 星野くんの成長というか 社会性の増大が現実的
      な選択をさせているという流れじゃないですか
(しびる)>ちょっと違うと思うなあ 腰砕けの展開としか見えない
(のりこ)>最終話くらいで ふたりで学校をさぼるじゃないですか
      あの展開も昔の星野くんじゃ考えられないでしょ
(しびる)>まあいいけどな 別に否定してるんじゃないんだ 思い
      切って最後まで描ききった爽快感はすごく評価してるし
(のりこ)>ならいいじゃないですか なかなかに楽しめた作品でし
      たよ 私はお気に入りの一作に挙げようと思いますし
(しびる)>ふむ んじゃ次はどれにするかね これか 『さちこと
      ねこさま3』 これも最終巻だな なんか最終巻多いな
(のりこ)>ですね 年末でしたしね えーっと なんか最近の唐沢
      弟さんは丸いですよね なんというか肌触りとか展開が
(しびる)>よくわからんが? 唐沢キャラはあんなに貧相な造形な
      のに色気があるよなあ いつも思うけどさ
(のりこ)>それもよくわからないですけど ああいう2等身キャラ
      で萌えー なんてことになるものですかね
(しびる)>まあな(笑) さて今回はラストの大オチ進行なんだか
      どうなんだかの怒濤の展開だったわけだが ままキレイ
      に終わらせたよな ほのぼので締めてるしさ
(のりこ)>ですね あと唐沢先生の真骨頂 ここいちばんのモブシ
      ーンも特盛りで でも中にはコピペっぽいのも?
(しびる)>んー 地下オタク軍団か あれはわざとコピーってネタ
      だろ? だってわざと切り取り余白を残してるじゃん
(のりこ)>そうですか? まあなんだっていいんですけどね 御嬢
      様が<どんどんよくなっていきましたよね こういう感じ
      が唐沢先生の丸くなったなあという感想なんですけど
(しびる)>あー そういや唐沢兄が同じようなことをどこかで書い
      てたな それは売れ始めた頃の話だったと思うけど
(のりこ)>でしたっけ なんかあのご兄弟のコミックスや書籍は整
      理しきれないくらい溢れてますから なにがどこやら
(しびる)>時間を見付けて整理しないとな んじゃ次は新しいとこ
      ろで『デス・プリ1』吉田蛇作 サンデーGX連載か
(のりこ)>このひと知りませんけど どこかで見たような絵柄です
      ね ウチの書架になにかあったかなあ んー
(しびる)>初出じゃねーか 覚えてないけどさ 世界観がデタラメ
      なわりに設定は妙にきちんと作り込んであってだな
(のりこ)>なにもかもデタラメですよ オッパイマンガですし
(しびる)>それで括るなよ(苦笑) しかし中華料理屋のオヤジが
      アメリカン食堂のシャモジなのは なんだ? 田丸への
      オマージュなのか? なんか関係があるのやら
(のりこ)>知りませんよ 調べるんですか どうでもいいですよ
(しびる)>まあどうでもいいわな あんまし深く話すといろいろ障
      りそうだから簡単に流してしまおう んじゃ次は復刻版
      の『るんるんカンパニー1』 秋田冒険王先生だな
(のりこ)>あー 旧版のコミックスはどこにしまいましたか 6畳
      間の方にあるとは思うんですけど こうして読み返して
      みると最初から秋田先生の独断場だったわけでもないん
      ですね 3姉妹 じゃないか 女の子3人と主人公の達
      郎くんのドタバタラブコメが基本設定で
(しびる)>秋田冒険王の登場でほぼ流れが決まったって感じだわな
(のりこ)>2話からの登場で 既に片鱗はありますけどね
(しびる)>いまになって読むと このまま暴走させるのか それと
      も学園ネタでラブコメをやるのか ちょい決めかねてう
      ろうろしてる感じがあるな この1巻の後半ではもうド
      タバタだけで進行してるけど 別に決めなくてもな
(のりこ)>ですね もうちょい巻が進むと吹っ切れてるんでしたっ
      けね 長いこと読み返してないからあんまし覚えてない
      です 復刻版と言えば『宇宙家族カールビンソン』とか
      ふくやま先生の諸作品とか とり先生のも『くるくるく
      りん』とか 全部まだウチで扱ってませんね
(しびる)>またそのうち特集でも組んでやろう んじゃま今回はこ
      のくらいにして終了 次回こそアニメ枠をやる
(のりこ)>はあ それほど決めてかからなくてもいいですよ
(しびる)>目標くらいは高く持とうよ
(のりこ)>なにが高いのやら低いのやら(笑)
posted by 篠原しびる at 00:22| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | すきま まんがだいすき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

すきま まんがだいすき 32

(しびる)>ういーっす えーっと やたらコミックスを溜めちゃっ
      てるので順番に片してゆこう 50本くらいか?
(のりこ)>それくらいじゃないですかね 時効分をどこで線引きす
      るかが問題ですけど 通巻モノは最新刊を扱うとか
(しびる)>だわな あわせてもいいけど それと 関係ないけど『
      人志松本すべらない話3』の松本の携帯メールネタ ガ
      キのフリートークとそれ以外どこかでも聞いたな
(のりこ)>まんがだいすき枠ですし? てか すべらない話は何回
      してもOKってルールでしょ? ありものセーフですよ
(しびる)>まあいいや んじゃ最初は島本の『新吠えろペン3』
(のりこ)>タイトルが変化してるのは掲載誌の都合なんでしょうか
      ウチは連載はまったく追い掛けてませんからそこんとこ
      の認識が甘いですけど 今回は後半企画モノが載ってて
(しびる)>富士鷹との合作な それよか注目はヒロの復活だろ あ
      いつはいつネタになるものかと思ってたけど
(のりこ)>ですね 旧連載分で落雷で消滅しちゃって どうなるの
      かしらん? という感じでしたけど まま普通の扱いで
(しびる)>あんな感じだわな しかしまあヒロの顛末は創作として
      も それに付随したセリフの生々しいこと(苦笑)
(のりこ)>ズルイのはあたりまえなんでしょうけど(苦笑)
(しびる)>なにがどうあれ仕事だしな 仕事ってのはズルイもんだ
(のりこ)>映画の試写会ネタはおもしろいですね おそらく実在の
      人物が総出演で てゆーか 今回レギュラー展開は試写
      会とヒロくんしかないですし まま次巻を楽しみという
      ことで あ 『鍵姫物語』が始まりますね
(しびる)>アニメネタは別枠だろ ゴッチャにするない
(のりこ)>しびさんに言われたくないですね んじゃ次は『藍より
      青し17』最終巻ですね ハッピーエンドは予定調和?
(しびる)>長かったなあ この最近じゃいちばん長いか 巻を重ね
      るごとにみんなどんどん首が太くなってよう(笑)
(のりこ)>太いですよねえ なんでだろ? どういう造形意図があ
      るんでしょうね ってのはいいんです ストイックに引
      っぱるだけ引っぱって 最後はきちんとやっちゃって
(しびる)>こら 女の子がやっちゃうとか言うな
(のりこ)>でーもー 私は特に興味はないですけど そういうのに
      苛々してた御人も多いんじゃないかと? でしょ?
(しびる)>別に 特に興味はないけど しかしなんだな 最終決戦
      は意外とあっさり決着がついたじゃん? バリューはか
      なりあったんだろうけど 印象として軽いよな
(のりこ)>まあね お爺さんが既に亡くなってますし しびさんが
      前に話してたように 敵のすげ替えで物語の軽量化を図
      ったのが功を奏したってところでしょうか
(しびる)>うまくいってるわな そうじゃなきゃドロドロの確執を
      解消するってことは不可能だったと思う 爺さんを懐柔
      しちゃうとさすがにウソだもんな
(のりこ)>そっちの方もアリだったかもしれませんけどね
(しびる)>んー まあいいや んじゃ次は『団地ともお6』小田扉
(のりこ)>あいかわらずですねえ スピリッツの連載は読まないよ
      うにしてますし どんどん小田さんてばうまくなって
(しびる)>うまいよなあ このチカラの抜きようと入れ加減 抜群
      だわ 最初この作品は評価してなかったんだけどさ
(のりこ)>そんなこと仰ってましたよね 小田さん特有のシュール
      な部分をかなり抑えての連載開始でしたけど これくら
      い一般化できると充分じゃないですか
(しびる)>そのとおりだなあ と思って1巻を読み返したんだけど
      さすがにキャラ造形は変化してるとして この飄々とし
      た感じは最初から充分なのな やっぱうまいわ
(のりこ)>ふうん 1位は3話の青戸さんの服の柄 2位はそうめ
      ん師匠が喋りながら落ちるところ 3位はお母さんの激
      太り そんな感じですかね 今回のトップ3は
(しびる)>なんだそりゃ よし なんとなく行も埋まったから今回
      はこれくらいにしておこう 次回は魔窟と化しているア
      ニメ関係のライブラリを片していこうとする編集会議な
(のりこ)>編集会議なんですか
(しびる)>対策会議の方がいいかもしれないなあ
posted by 篠原しびる at 02:14| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | すきま まんがだいすき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

すきま まんがだいすき 31

(しびる)>たまには別の仕事もしよう ってことで今回転送分のコ
      ミックスなのだが まだ手付かずだわな
(のりこ)>あ おはようございます それはまあ だっていましび
      さんといっしょに目の前に現われたばかりですし?
(しびる)>そりゃそうだ えーっとな 『かみちゅ!2』DVDっ
      てのもあるが アニメはまた別枠でやろう 今期新作と
      かもうちょい揃えてからな んじゃ読書タイムか
(のりこ)>ういっす んじゃコーヒー入れます
(しびる)>お互い取り替えて2冊読めばどうにかなるか
(のりこ)>まあそゆことですね ならしびさんはこっち 私はこっ
      ちから読みます どっちもアニメ絡みかあ んー
(しびる)>それこれで対処するがよろし

              【読書タイム】

(しびる)>えーっと んじゃまずは『極上生徒会1』 作者はまっ
      たくモー助 ってのはアニメの方のOPで見る名前だな
(のりこ)>作者さんの名前の話題から入るのもあれですけど なん
      と言いますか ふざけてるわりにぴったしなお名前で
(しびる)>だわな さて内容だけど アニメと比べると女子全員が
      2割り増しくらいでかわいいな 特にりのはいいよな
(のりこ)>まあそうですかね ところでプッチャンはケーキ食べて
      ますけど アニメよりは不思議度が2割り増しくらい?
(しびる)>なにをいまさらの設定だけどな これってオリジナルは
      ゲーム媒体なのか ジャンルは育ゲーかね
(のりこ)>あー アドベンチャーじゃないですか だってりのちゃ
      んを育ててなにに成長させるんです? 生徒会長とか?
(しびる)>まあな そもそもこの作品は基本的になにを目指してる
      のやら 別になにも目指さなくてもいいけどさ
(のりこ)>なにも目指してないでしょ 女の子達の楽しい学園生活
      をだらだら描くってだけで いわゆる延々マンガ?
(しびる)>アニメの方はどこまでチェックしてるよ おそらくりの
      と生徒会長とのなんやかんやが大ラスじゃん?
(のりこ)>ちょっと怠けてまして てか ちーくんの方に退避させ
      てるので放置プレイ状態です あれですね ちーくんは
      やっぱし退避エリアじゃなくて見ちゃ消しフィールドと
      して扱うべきですね これがこの数ヶ月の結論です
(しびる)>女の子がプレイとか言うな んじゃま 特に触れること
      もたくさんないから 飛田小百合バンザイということで
(のりこ)>おっと そうきましたか 若干汚れキャラとして扱われ
      てるのが気になりますけど メガネとか水泳とか
(しびる)>カバーのSD小百合の猫背がよくてなあ
(のりこ)>まあ趣味はそれぞれですからね メガネっ娘バンザイな
      んて言うと底が知れちゃいますって まあいいか
(しびる)>そゆこと言うな んじゃ次は『ケロロ軍曹11』
(のりこ)>例の大ネタの後編ですね とか話す前に カバーイラス
      トはトニーさんですね 前からそうでしたっけ?
(しびる)>調べりゃ一発でわかるじゃん えーっとな 普段はKプ
      ラスナントカってところがやってるな でもさこの10
      巻や11巻はいわゆるSP版だろ フィギュア付きの
(のりこ)>ノーマル版とはカバーイラストが違うんですかね
(しびる)>さあ 調べるのもめんどうだしなあ この付録フィギュ
      アがカバーイラストのモデルだろ 逆か てことは通常
      版はそうじゃない可能性大かな どうでもいいけど
(のりこ)>どうでもいいですけどね ただ最近のトニーさんはどこ
      で仕事してらっしゃるんだろうなとか アフタヌーンで
      ピンチーちゃんだかを見て以降知りませんし
(しびる)>脱線させるなよ で例の大ネタだけど あいかわらず風
      呂敷たたむのが神業的にうまいよな どんだけ拡げても
      きっちり落とせるってのは 天才の称号でいいんじゃな
      い? レベルを上げすぎず下げもせず すごいわ
(のりこ)>久しぶりに天才指定ですね てか前にもやってませんか
      ね あ『シャッフル!』が始まりましたよ 生視聴?
(しびる)>あとでな レート落としながら見なきゃ時間がもったい
      ないだろ でケロロだけど 月神散世の上目遣いに騙さ
      れたと思われちゃいけないから否定しておくな
(のりこ)>月神? 誰ですかそれ あー 例の新聞部だかの彼女で
      すか 騙されましたか あはは いかんですねえ
(しびる)>騙されてないもん 今回ベストはムクロだし
(のりこ)>忍者の小雪ちゃんの先輩ですね なるほど あの感じは
      騙されても仕方ないですか でもこの世界には実在しな
      いという例の下フレームのメガネ みんな逃げてー
(しびる)>逃げなくてもいいだろ でもさ 忍者村のクダリは個人
      的にすごく気に入ってるんだ 創る人間ならあの部分は
      もうちょい力を入れたいところなんだわ でもプロット
      どおりにすごくあっさり描いてるだろ そゆことされる
      ともうたまらないよなあ ツボはまりまくり
(のりこ)>そんなにそうですかね まあ捉え方は人それぞれでしょ
      うけど 私の個人的なツボは麩を売ってたラビーちゃん
(しびる)>あの兄妹はなあ まあいいや んじゃ今回はこんなとこ
      か 2本以上は追いつかねーし 続きは次回で
(のりこ)>ういっす んじゃ連作関係を片します
(しびる)>まだやるのか うへえ
posted by 篠原しびる at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | すきま まんがだいすき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すきま まんがだいすき 30

(しびる)>ういーっす もう夜は涼しいじゃなくて寒いくらいだな
(のりこ)>ありゃ きょうは連作関係だけで終了かと思いきや ま
      だ続けますか んじゃコーヒーを入れますね
(しびる)>あんましラクな仕事ばかりしてるといかんからな それ
      と新規転送分のコミックスも片していかないと
(のりこ)>コーヒーっす まあ連作関係はすごい量ですからねえ
(しびる)>何シーズンある? たしか最新の終連作で第34シーズ
      ンかそこらだろ 基本は15本収録の たまに50本収
      録なんてのもあるし 15で計算しても500超えるわ
      な どうすんだよ こんな途方もない企画立てて
(のりこ)>毎日5本掲載して100日ですか 年内終了ですよ
(しびる)>バカ言え 毎日だらだら5本も掲載して 読者ドン引き
      じゃねーか? 購読者数が減ったらお前の責任だからな
(のりこ)>まあ見ててください 雑誌やテレビで紹介されるような
      オバケブログに成長しますよ 勝算アリですね
(しびる)>地道にやろうよ つつましくさ まあいいや どうせ続
      くわけねーし んじゃコミックス関係いくぞい
(のりこ)>なんですかそれ はいはい でわ最初は『電車男2』
(しびる)>渡辺氏もうまくなったよなあ 押しつけゴリ押しの企画
      だったらしいけど らびゅーを打ち切って始めただけの
      成果はあるんじゃねーか? マジでちょっと見直した
(のりこ)>うまいですよねえ 渡辺さんのあのランチキ騒ぎな部分
      がうまく地に足をつけてて 抑えて抑えてって感じがす
      ごく内容にマッチしてます 単なる企画モノの域を超え
      ましたか あーでも マキちゃんはどうですか?
(しびる)>エルメスの女友達か ドラマじゃサトエリの役な 品定
      めって部分を肥大させるとどうしてもそういう感じにな
      るかね つまり演出の基本ってこった
(のりこ)>ですかね ちょっと乱暴にキャラを作りすぎてるかなと
      か 職場の上司の人は また微妙に違うんですけど
(しびる)>ふむ あれだ どうしても傍観キャラを主軸に絡めたく
      なるわな その距離感でこのストーリーは決まると思う
      んだ ドラマの方じゃこてこてに絡めちゃって 実際の
      スレじゃせいぜいが高級茶店に誰かが突入したくらいで
      その裏返しがリアルキャラのマキ さらに裏返しが上司
      の彼女だな 読者の認識度と距離感 これは読み手それ
      ぞれの問題だからどうしようもない ってこと
(のりこ)>あー よくわかりませんけど ネットのこちら側のみん
      なはいい感じですね スレに書き込む人たちって キャ
      ラにするとこんな感じかなとは思います ドラマのはち
      ょっとやりすぎでしたし(苦笑)
(しびる)>でもどうしても主軸に絡めたくなるんだよなあ そこを
      渡辺氏がどこまで抑えきるか 過剰演出にならないよう
      にふたりの機微を描ききればうれしいけどさ
(のりこ)>前巻では美容院の彼とか 今回はジャージの彼女とかア
      キバっぽいメガネの人とそのお連れさんとか?
(しびる)>まあなんでもいいんだけどね 読んでてけっこうホクホ
      クするし 細かいこと言うのもアレなんだけど
(のりこ)>それとー エルメスはOKでもムーミンはNGなんです
      ね 版権の世界はやはり微妙なようで
(しびる)>キャラモノは基本的に難しいわな 逆に『あれがウチの
      社名だったらなあ』という企業も多かろうて(笑)
(のりこ)>象印の魔法瓶を送ってきたから 象印たんとか? ちょ
      いもじってゾウさんとか んー それはそれなりに?
(しびる)>またそうやってご近所にネタを振るようなことを んじ
      ゃ次は『スクラン10』 学祭の後半か
(のりこ)>播磨くんのマンガはさらっとスルーしましたけど 佳作
      受賞はすごいですよね あれを拡げるのは次巻ですか
(しびる)>そうだな 気負って120Pってのがオチじゃあんまり
      だわな てかちょっと播磨は主軸からずれてきてないか
(のりこ)>それは私も感じました とか思ってましたらば主軸から
      外れたメンバーがブラックバスケ団を結成してるし
(しびる)>ふむ そもそもこの10巻は展開が地に足付けずって感
      じがあるじゃん あれもこれもってのはわかるけど
(のりこ)>新キャラのさつきちゃん 彼女の仕切りに試行錯誤って
      のがバスケ編の落ち着きのなさじゃないですかね 古典
      的なキャラすぎて この期に及んでは弱いかなと
(しびる)>ふむ ちょっと弱いかな 初期から絡めるならあれだけ
      ど ここまでメインを煮詰めてから元気+純情だけじゃ
      どうよと思うな まあ後半になって周防と張り合い始め
      てからいい感じになってきたが
(のりこ)>できればもうちょっと全面対決もいいですかね あーで
      もバスケ部の調和もあるし 全面対決は瞬間で融和に変
      化しそうですもんね 敵チームとかじゃないし
(しびる)>そこだなあ 憎悪抜きのライバル心はララでやっちゃっ
      てるし 同じことやるのもなあ どう拡げるよ
(のりこ)>ミコちゃんはあっさりした性格ですからねえ そもそも
      ミコちゃんー麻生くんってラインはないわけでしょ
(しびる)>静かに進めてるのは花井ー周防ラインだろ おそらくラ
      ストはここを繋げるな 麻生は基本的にサラだろうし
(のりこ)>んー やっぱしそうきますか それと 天王寺くんの妹
      ちゃんが播磨くんの弟くんと あれはどうですか
(しびる)>捨てネームってこともないだろうけど あんまし拡がら
      ないんじゃないかな 播磨の弟を展開から除外するため
      の中和剤だろ そろそろ整理していかないとさ
(のりこ)>可能性のないラインを完全切断していくわけですか ん
      じゃミコちゃんー麻生くんラインを消すためのさつきち
      ゃんという考え方は? あーでもサラちゃんがいるか
(しびる)>だわな どのみち俵屋さつきに芽はないなあ
(のりこ)>んー そのへんの悲壮感を減らすために故意に軽めのキ
      ャラ設定をしてるとか? ウツ展開にならないように
(しびる)>それだろうな 案外ララーさつきラインを軽めに構築し
      て終了かもよ お姉さまってのも許容範囲だろ
(のりこ)>ほうほう それもアリですか ララちゃんは帰国子女チ
      ームではどうにもならなさそうですし ふうむ
(しびる)>ふむ んじゃ今回はこの辺で締めるか もうこんな時間
(のりこ)>ふわあい えーっとしびさんはあしたはお休みなんです
      か? またぞろ半分お仕事とか?
(しびる)>いや 野暮用がちょいあるだけ 基本的にはオフな
(のりこ)>それはそれは んじゃま おやすみなさいまし
(しびる)>あすの夜もやるからな んじゃ
posted by 篠原しびる at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | すきま まんがだいすき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すきま まんがだいすき 29

(しびる)>んじゃま コミックス関係をやるか 実は前回のUPS
      話はコミックス関係のつもりで始めたんだけどな
(のりこ)>イレギュラーな突発事故は仕方ないですよ ってゆーか
      そゆのをすぐに取り込める仕組みが大切ですし
(しびる)>前向きだな まあいいや とにかく大量に溜めてるから
      どんどこ進めてゆこう まずは『エマ6』からか
(のりこ)>まー ハッピーエンドは決まってるんですよ それは揺
      るぎないから どんなツライ展開もガマンして読めるん
      ですよ でもさすがに どうですかこの展開は?
(しびる)>なにか曲者だとは思ってたけどな あのオヤジ エレノ
      アが恋敵で悪者にならないためのサーキットブレーカー
      って位置付けだな このままどうするのかとは思ってた
      けど かなりオーソドックスな構成じゃん
(のりこ)>あーそうか エレノアちゃんのパパが悪の限りを尽くす
      と エレノアちゃんがふたりを引き裂いたって感じが薄
      れるわけか なるほど そう読むのか ふむふむ
(しびる)>なにかオチを付けるにはエレノアをよく描きすぎじゃん
      おそらくもうこれ以上引っ張るのはきつかろうし そろ
      そろオーラスに向けての伏線を張りまくらなきゃ
(のりこ)>ふむ しかしなんですね 社交界というのはかなりたい
      へんなようで お金持ちだけじゃなくて家柄とか爵位と
      か それ以外のファクターに向けて風評重視でしょ
(しびる)>そうだな 排他的ではあっても新規参入を許さないわけ
      じゃないだろ いまじゃこういう仕組みって悪要素の権
      化みたいに語られるけど 業界の緩やかな浄化作用って
      いうのかな 完全市場原理は粗っぽくてさ うまくバラ
      ンスをとればそれなりに評価できる部分もあるって思う
      のよ 例えば大企業が倒産すれば多数の失業者が発生す
      るように 上流家庭には多数の使用人や関係業者がぶら
      下がってるわけだし 既得権益っちゃそれまでだけど
(のりこ)>なんかよくわからないですけど そういうのに固執する
      パパの気持ちも理解できるウィリアムくんはエライと思
      うわけです 普通なら完全対立は完全否定に繋がりそう
      でしょ 若いのにシッカリしたオトナだなあと思って
(しびる)>でもさ んじゃ20代半ばののりこは父親の立場や考え
      方が理解できなかったか? そう単純じゃないだろ
(のりこ)>そうですけどね マンガの仕組みってあるじゃないです
      か これほど我を張りながら相手の立場を尊重した親子
      ケンカって見たことないなと思って
(しびる)>譲ってるのはウィリアムの方だけだろ 父親は頭ごなし
      じゃん でもまあこのくらいの細かい機微は当然のこと
      として用意して欲しいよな それと問題の人さらいだが
(のりこ)>いかにもですけど 麻袋に放り込んで? 次巻の予告で
      は新大陸アメリカに船便で送られるとか んー
(しびる)>船便じゃないだろ とにかくさ いまと比べてキツイ部
      分もユルイ部分も同時に兼ね備えた時代だから どうい
      うふうにも料理できるって感じはあるな 殺しちゃうの
      も簡単だし 逆に人のクチも軽かったり なにがどこま
      で抑止力になるのか 倫理観もややずれてるし
(のりこ)>殺さないでしょ そこまではしないと思いますよ この
      物語に限った話じゃなくて 時代的にも
(しびる)>だからそういう話をしてるんじゃん 発覚後のことを考
      えないなら完全に始末するのも可能だけどな 案外生か
      したままどうにかするもんだなと思って 実際の歴史で
      もそうなんだ そこんとこがマヒしないようにしなきゃ
(のりこ)>なんですかその確認は 実生活で誰かを始末する予定が
      あるとか? ダメですよ あ タモリ倶楽部にやく先生
      と江川先生が出演してますね 忙しいくせになにしてら
      っしゃるんだか マンガ描いてる時間あるのかなあ
(しびる)>こういうのが刺激になるんだろ すごい楽しそうじゃん
(のりこ)>ですね おバカなフィリップを描かされて マンガ界の
      両巨匠じゃないですか 楽しそうですよまったく(笑)
(しびる)>んじゃ次は拉致監禁繋がりで『藍青16』 どうよ?
(のりこ)>一気に片しましたね もうちょっと個別攻撃をするのか
      と思ってましたけど 結局のとこ直接対決はティナちゃ
      んだけでしたね そのティナちゃんも退場してないし
(しびる)>ふむ これをドラマで延々やってても絶対見ないよな?
      ボリューム的には昼ドラ30分モノで月金の1年分くら
      いか まあ最近はかなりマニアックなドラマが多いけど
(のりこ)>昼ドラはえらいことになってますからね 見ない生活の
      人はまったく見ないで人生を過ごすんでしょうね
(しびる)>盆休みとかに見るんじゃないの まあそれはいいんだが
      最近どうも首から肩にかけての造形が変じゃないか K
      1レスラーじゃないんだからさ さすがに太いだろ
(のりこ)>前からこんなふうじゃないですか ちょっと1巻あたり
      を見返してみましょうか あホントだ 鎖骨ですね
(しびる)>だろ きちんと描き込むってことが大事だって考え方は
      間違いじゃないと思うんだ でも初期の絵柄にあったぽ
      ちゃぽちゃ感が筋肉に変貌するのは違うんじゃないか
(のりこ)>1巻あたりの葵ちゃんはまたこれ なんともかわいらし
      いですねえ 瞳も大きくて タレ目ちゃんで
(しびる)>ふむ 絵がうまくなってるんだろうなあ やたらシンメ
      トリーな顔を描いてるけど 鼻とか下唇のとばし方はそ
      れの補完としてやってるのかな あ 日本語なるほど塾
      のイラストがいしかわじゅんだな 入り込んでるねえ
(のりこ)>弟子のサイバラさんが朝の連ドラに描いてましたからね
(しびる)>ふむ それはいいとして そろそろ藍青もオーラスに向
      けての展開か って次巻予告には最終巻とあるか
(のりこ)>長かったですねえ ウチは最初はアニメから入りました
      けど たしかハイフンくんで押さえた初めてのアニメシ
      リーズじゃないですか 何年になるかな
(しびる)>まだ3年くらいだろ 後日談まで付けてキッチリ落すだ
      ろうけど とにかく締めてもらわないとな
(のりこ)>ですね もうどうでもいいからハッピーエンドでよろし
      くって感じですか それ以外の展開はないでしょうけど
(しびる)>いや 全キャラをそのまま保留して同じ暮らしが続くか
      もな 結婚? まだまだ先の話だしなあ って感じで
(のりこ)>結婚式で終わりじゃないですか やっぱし いや それ
      はないかな 定番のみんなバラバラに別れてまた再集結
      『両親がこっちにやってくるっちゃ アメリカには行け
      んことになったばい また世話になるっちゃ』的な?
(しびる)>むしろそっちだろうな てか 確実にそれだな
(のりこ)>『新しいお宅でクビになりました またお世話になりま
      す大家さん』とか 『ならワタクシも一緒に暮らします
      ことよ』とか 最後はやっぱしウズメが暴れてドタバタ
      で終了 どさくさに紛れてふたり抱き付くみたいな?
(しびる)>まあそんなとこ もういいか 最終巻は買わなくても
(のりこ)>そうもいかないでしょ(笑)
posted by 篠原しびる at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | すきま まんがだいすき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すきま まんがだいすき 28

(しびる)>うんじゃ引き続きいろいろやるぞい あーちなみに以前
      から導入を検討してた非常電源な PCみたいにOSに
      連動ってわけにもいかないけど とにかく導入するから
(のりこ)>それはいいですねえ 繊細なRD3姉弟を抱えるウチと
      しましては フル稼働で停電ブチンなんて うひー 想
      像するだけで血の気が退きますよ 怖いですね
(しびる)>だわな タイトル消去中やR関係とか なにがなんでも
      絶対に電源を落とせない瞬間ってあるからな
(のりこ)>留守中は仕方ないで仕方ないですし 予約録画中はどう
      やらそれ以前ロストで済むみたいですから 必要なのは
      作業中ということですか 内蔵バッテリーを保護するな
      ら あきらかに使用しない日中は外しちゃうとか?
(しびる)>さあな そこんとはまた追々検討しよう んじゃついで
      にコミックス以外のなにか連絡事項はあるか
(のりこ)>以外ですか えーっと アニメ関係なら『JINKI』
      と『こみっくパーティ』と『こいこい7』をRに焼きま
      した 全部見たのやらまだなのやら あと1話をロスト
      したから放置してたハチクロこと『ハチミツとクローバ
      ー』を見始めました いまんとこ#03までですが
(しびる)>そもそも#01をロストするとキツイよな 人物やら背
      景やら不明のまましばらく見続けなきゃいかんし ただ
      でさえ細かいキャラ相関で構成するハチクロなのに
(のりこ)>ですね 感想やなんかはもうちょっと見てからというこ
      とで あーそうだ あと昨夜終了した『ローゼンメイデ
      ン』 真紅ちゃんもRに焼き始めてます いまお姉ちゃ
      んが焼いてるんじゃないかな そろそろ1枚目が終わる
      かそれくらいだと思います LP22だから2枚組で
(しびる)>お姉ちゃんはぴー子(RD−XS34)だな って解説
      はやぼったいか 結局最後までチェックしたのな
(のりこ)>何話からか見てないですけど さっき最終話だけ見まし
      た なんか想像の範囲内でした 大イベント解決後に真
      紅ちゃんが消えて また現われてドタバタで終了(笑)
(しびる)>『砂ぼうず』も終了な 次回からは『パトレイバー』と
      あとなんとかっての なんだっけ?
(のりこ)>えーっとなんでしたっけ? あとで調べておきます
(しびる)>まあいいや 連絡はそれくらいか んじゃコミックスな
(のりこ)>今回は荒木先生からですね すごい取材をされて描かれ
      てるんでしょうね ちょっとうるさいくらい
(しびる)>ふむ 偉人伝かなにかの豪華本があったじゃん 今回の
      シリーズはリアルネタを取材してそれで肉付けしようっ
      て構成なんだろうな スティールとかって興行師の元ネ
      タは偉人伝あたりからの創作だろ まあ成功してるとは
      思うけど やっぱしちょっとうるさいかな
(のりこ)>デビュー当時からすごい画力の先生でしたけど もうな
      んか神様の領域に突入してますよね しかしなんですか
      ドーピングとかテロリストとか こういう単語の使い方
      は意識してるんでしょうけど 違和感がないですか?
(しびる)>まあな そもそも英語で喋ってるんだからさ どう邦訳
      するかってことだと解釈すればそうなんだろうけど ド
      ーピングって概念は存在すら怪しいし テロリストじゃ
      なくてここは暗殺者か刺客だわな どういう計算かね
(のりこ)>いまさらこういう異物挿入で空気を作らなきゃいけない
      人じゃないと思うんですよ だからなんでかなあと
(しびる)>それほど気にすることでもないだろうけど どちらかな
      らこの砂漠の簡素な風景だな ちょい前から気になって
      たけど 人物の背後にこういうパースで地平線や雲を配
      置するのって まんま鳥山明じゃないか?
(のりこ)>はあ んー なるほど でもこういう感じって以前から
      なかったですか 私はそう思いますけど
(しびる)>そうかな そう言われればそういう気もする あと聖人
      のミイラか なんかやなものの争奪戦だな 冒頭のネタ
      振りからするとアリマタヤのヨセフって聖人のミイラか
(のりこ)>実在の人物なんですかね あ 爆笑くんの『爆笑問題の
      ススメ』が始まりましたね 今回は江口先生ですからば
      っちし録画してますよ 生映像は初めて見るかな
(しびる)>作品じゃマペットのあれ なんてタイトルだっけ あれ
      以降チェックしてないけど どこかで仕事してるのかな
      あ あんまり頑張るなとかタイトルがでてるけど
(のりこ)>WEBの方をチェックしてみましょうか?
(しびる)>そこまではいいや んじゃ今回はこれくらい
(のりこ)>ういっす またあしたってことで
posted by 篠原しびる at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | すきま まんがだいすき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すきま まんがだいすき 27

(しびる)>んじゃまきょうもコミックス関係を片してゆこう かな
      り大量に溜めてるからなあ 順番にやらないと
(のりこ)>あ おはようございます 順番ってのはどの順番ですか
      とにかくコーヒーっす どれからやりますかねえ
(しびる)>そこに積んである上から順番でいいんじゃないか って
      全部読んだんだろうな またすぐ転送するぞ
(のりこ)>あー 全部は追い付いてません さすがにマンガばかり
      読んで暮らすわけにもいかないので 仕方ないです
(しびる)>別になにか内職をするじゃなし 空き時間に溜まったコ
      ミックスを片すくらいどうよ ホント怠け者だな
(のりこ)>あえて反論しませんけどね 録り溜めたドラマやバラエ
      ティを観ながら家事をして 週刊誌や新聞もチェックし
      て ご近所付き合いも疎かにしなければ これで人生の
      100%ですよ ムチャを言われても困りますね
(しびる)>反論してるじゃん まあ構わないけどな その程度なら
      別に普通の暮らしじゃねーの? さらに能動的に物事を
      突っ込んでこそ満額決済と言えるんじゃないか ゆるゆ
      るの生活に脳味噌まで緩んでるんじゃないかお前は?
(のりこ)>構ってるじゃないですか もうそのことは脇に置きます
      けど 私にも私生活があります故 24時間すべて仕事
      だって意見には異論がありますよ こうやって気紛れに
      行われる業務にすべて参加してるだけでも表彰ものです
(しびる)>脇に置いてないじゃん これ以上の不毛な議論は棚に置
      くが そもそものりこは普段の生活からしてー
(のりこ)>あー すみません 私の負けでいいです うひー
(しびる)>ダメだなのりこは 今度はのりこが『棚に置いてないじ
      ゃないですかー』から始める番な この程度の応酬会話
      なら短くても30分は続けなきゃ 修業が足らんな
(のりこ)>どこで修業すればいいのやら(笑) お互い暇を持て余
      した大学生じゃないんですから どんどん仕事をしまし
      ょうよ まずはこの作品『らき*すた2』 どんどん
(しびる)>なんかさ 安定してるよな 足りないなあと思ってた榊
      キャラも登場したし 低位安定と言えば失礼だろうけど
(のりこ)>失礼ですね すごくおもしろいですよ びっくりするよ
      うな展開はないですけど なんとなくぼんやり感じてた
      ことに着実にカタチを与えてもらえるというか ファミ
      レスのトイレが喫煙席側にあるかどうかなんて どうで
      もいいと言えばどうでもいいですけど まあそれなりに
(しびる)>肯定してるようなもんだ あと これはそれほど拘るよ
      うなことじゃないんだろうけど どのキャラが誰だかわ
      けがわからなくなるな と思ってたら柊のクラスの友人
      なんてのも登場してたのか 名札付けろ全員
(のりこ)>そんなうるさい4コマなんか読んでられませんって
(しびる)>まあいいや んじゃ次
(のりこ)>はいはい えーっと 荒木先生の『SBR5』ですか
(しびる)>スティール・ボール・ランか なんかようやく続刊って
      感じだけど それやるならあしたに持ち越そう
(のりこ)>はあ まあそれは別に構いませんけど
(しびる)>んじゃきょうはここまで とにかく解散
(のりこ)>ありゃ いきなし帰っちゃうもんな
posted by 篠原しびる at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | すきま まんがだいすき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すきま まんがだいすき 26

(しびる)>えーっと きょうもコミックスを片すか それにしても
      増設した書架ももう満杯だな どうするかねえ
(のりこ)>ものすごい勢いで増えてますし 書架を増設するか購入
      量を減らすか そのどちらかしかないですよね
(しびる)>ふむ こうなればいわゆる第3の選択か むむん
(のりこ)>第3の選択って どうするんですか?
(しびる)>決まってるじゃん? 火星への移住だろ SFの基本な
(のりこ)>あー 冗談ですか ウチでは構いませんけど あんまし
      真顔で当たり前のようにウソ話をしない方がいいですよ
(しびる)>なにそれ のりこに言われるのは心外だな とにかく6
      畳間への移住計画を前倒しで進めよう あれから全然や
      ってないだろ とにかく通巻モノをまとめる 『ジョジ
      ョ』や『グルグル』やCLAMP系のあれこれは再読な
      んかしないだろ てか再読するな 強制移住な
(のりこ)>はあい 『さくら』ちゃんとか『寄生獣』もしばらくは
      読まないかな 榎本俊二さんもしばらくいいかな
(しびる)>だろ それだけで書架1個分くらいは隙間じゃん 島本
      作品を片すだけでさらに1個は確保できるな
(のりこ)>島本先生は読み返しますよ どうにも人生に力の入らな
      いときとか しびさんにも必要でしょ?
(しびる)>言霊系だけでいいんじゃないか コックローチマンとか
      いちいち読んでも仕方ないし 譲ってもペンシリーズか
(のりこ)>むう その辺は協議が必要ですね まあいいですけど
(しびる)>いいなら文句言うな んじゃ本題に入るぞ
(のりこ)>ういっす えーっと まずは『よつばと!4』ですね
(しびる)>あーそれな やっぱしなんだな 夏休み完結で終了のシ
      リーズなんだな おそらく次巻で最終巻だろ
(のりこ)>やっぱしそうなんですかね 『あずまんが大王』が卒業
      で終了でしたし あずまさんの連載は潔いですよね
(しびる)>まあ延々やってもキリないしな 延々マンガファンには
      ちょっと寂しいけど すぐに新シリーズも始まるだろう
      し そこは前向きに受け取って楽しんでいこう
(のりこ)>この4巻を読んでて思うんですけど やたら背景に力が
      入ってないですか 1巻もそうだったかなあと読み返し
      てみますけど あら1巻も背景に力はいってますね
(しびる)>なんだそりゃ 意見をまとめてから喋れよな 前の4コ
      マは4コマだから背景抜きが基本だったじゃん? だか
      らそう思うのな そもそも妙にクッキリした背景なの
(のりこ)>ふうむ そう思ってみるとシッカリした胴体の上に簡単
      な表情が乗ってるんですよね ぎりぎり違和感がないで
      すけど きのうやったこうのさんとは対極ですね
(しびる)>まあな そういう比べ方もどうかと思うけど
(のりこ)>それと 今回はなんたってジャンボさんですね 最初か
      らキャラが立ってる人でしたけど なんかいい感じに暮
      らしてますよねえ 仕事もきちんとこなしてて 真剣だ
      か冗談だかわかんない感じに女の子も冷やかして
(しびる)>暦さんが同じこと言ってたな まさに同感だ(笑)
(のりこ)>あと『お お父さん失恋なんか許さないぞ!』
(しびる)>いいねえ(笑) しかしなんだな あずまきよひこの描
      く人々の機微ってのはなんとも気持ちいいよな どの作
      品もあーなんていいもの読んだんだろうって気分になる
(のりこ)>同感ですね んじゃま あずま先生も天才ってことでい
      いですか 最近やたら連発してるような気もしますが
(しびる)>いいんじゃないの ウチの思うようでさ あとなんとな
      く気になるのは もしかして最後にはよつばがいなくな
      るんじゃないか? ヤバイなあ そのラストは
(のりこ)>予想ですか んー まあたしかに夏休みが始まると同時
      にやってきて よつばちゃん自身の背後はほとんど語ら
      れてませんし つくつくぼーしじゃないですけど なに
      かどんどん妖精化してるような気もしますね
(しびる)>ふむ のりこの感想はどうよと思うが そんな気もする
      じゃん? それはちょっと切ないなあ やだなあ
(のりこ)>なるようになるですよ 仕方ないじゃないですか でも
      あずま先生のことだから わりとキッチリ終わらせるん
      じゃないかと思いますよ 雰囲気で流しちゃうんじゃな
      くて だから大丈夫ですよ カタルシスもアリで
(しびる)>そうかもな まあいいや
posted by 篠原しびる at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | すきま まんがだいすき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すきま まんがだいすき 25

(しびる)>てことでコミックス関係なんだけど 以前はあんまし危
      なくてスルーした『こうの史代』をやろう
(のりこ)>あー 前回搬入分にあった『長い道』ですね スルーし
      ちゃったのは『こっこさん』と『夕凪の街 桜の国』
(しびる)>うん どうも彼女の作品は私生活でいいろある時に読ん
      じゃう傾向があって それはこちらの事情なんだけど
(のりこ)>かわいらしい絵ですね この感じは誰に似てるのかなあ
      手とか足とかがちょっと大きめで 女性作家ならでわの
      女の子の描写は好感が持てます こゆのも萌え要素?
(しびる)>どうだろうねえ(笑) 『長い道』の彼女 なんてった
      っけ? 道って名前か いわゆる押し掛け女房ってのは
      80年代からの定番要素ではあると思うけど ただの便
      利な女じゃないってことは当然だわな
(のりこ)>リズムがありますよね 道ちゃんが感情をあらわにした
      りすると あれっと思わせておいてオチがあるじゃない
      ですか 毎回その繰り返しなんだけど その度に今回こ
      そはマジで決別なのかと思ったり 延々それを繰り返し
      て結局は最後まで団欒が続いちゃう ある意味萌え死?
(しびる)>んー 男の方 えーっと荘介か あいつは順に飼い慣ら
      されるというか成長してゆくのな てゆーか実は荘介が
      展開の主軸で 明らかに読者の視点なのな
(のりこ)>まあそうですね 道ちゃんの謎はそれほど解明されない
      ですし そもそも明かすつもりもないみたいですし で
      もあれですね 道ちゃんのお姉ちゃんはいきなり登場し
      ますよね ちょっと戸惑いました
(しびる)>前半に電話でどうとかネタ振りはあったわな 時間が前
      後するのも常套だし いきなりやってあとでネタ明かし
      ってのが何回かあるじゃん 押し掛けの背後とか
(のりこ)>道ちゃんの謎といえば昔の彼氏ですか それが同居の目
      的ってわけでもないでしょうに 貞操感とかはあんまし
      重要じゃないんですよね 私個人的にもそれほど重要じ
      ゃないとは思うんですけど 男性読者にはけっこう大切
      なことなんじゃないですか それが目的というか
(しびる)>ミもフタもないことを言うない でもそれはあるかもな
      性交するのしないのって そればかりの作品が怒濤のご
      とく溢れかえってるし でも実生活ではそれほど重要な
      ことじゃないんだよな 普段の生活はセックス中心にま
      わってるわけじゃないって まあ オトナになればわか
      るんだけど どうしてもそれ中心の作品がもてるわな
(のりこ)>しびさんはそゆのをあんまし書かないですね
(しびる)>安易だもん 細かな機微を書きたいわけだし どれだけ
      エロが書けるかってのも興味はあるけど(笑)
(のりこ)>あと寝違い 道ちゃんがそっぽを向いてると寝違いで首
      が回らないんですよね 2回ともやられました(笑)
(しびる)>うまいよねえ そういうギミックにかけちゃこの作品は
      すごいわ あとそれとさ 巻末の初出を見てたんだけど
      この作品はいろいろに描いてたのをまとめたのかね
(のりこ)>あとがきにはそれっぽいことが書いてありましたけど?
(しびる)>それにしちゃ統一感があるわな まあ加筆修正もしてる
      だろうけど 都合5年近くの幅があるみたいじゃん
(のりこ)>作風のできあがってる人はあんまし変化しないですから
      ね それよか こうのさんは4コママンガの人でしたか
      前からどこかで名前を見る人だなとは思ってましたけど
(しびる)>ふむ けっこうデカイ賞を受賞してるからな それで一
      気にメジャーってことなんだけど まあその辺はいいや
(のりこ)>んじゃ他の作品にも触れましょうか
(しびる)>ふむ えーっと『こっこさん』は『遠い道』にリンクし
      てるよな 一読した時には気付かなかったんだけど 道
      の昔の男 竹林か あいつが結婚するのがやよいの友達
      の千倉の母親だな 『おじさーん』とかって走ってく女
      の子がいるだろ メガネの 彼女は千倉だな
(のりこ)>あー なるほど そういや『こっこさん』で苗字が替わ
      るってクダリがありますね たしか竹林ですか なるほ
      どチクリンってあだ名は竹林の伏線で ほほう
(しびる)>どっちが後か先か そもそも同時進行だったのか こう
      いうギミックがお好きなようで まあそれほど意味はな
      いんだけど こうやって自作をリンクさせたいタイプか
(のりこ)>しびさんもお好きなタイプでしょうに(笑)
(しびる)>キライじゃないよ そりゃ(笑)
posted by 篠原しびる at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | すきま まんがだいすき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すきま まんがだいすき 24

(しびる)>なんだな そろそろ夜風が涼しい季節じゃん
(のりこ)>なんですかそれは エアコンを止めて窓を開けろってこ
      とですか しびさんがどこに住んでらっしゃるのか知り
      ませんけど ヒートアイランド ご存じですよね?
(しびる)>ヒートなんとかな そりゃ知ってるよ 本物がでるって
      有名なお化け屋敷アトラクションのある遊園地だろ
(のりこ)>そうそう だから窓なんか開けると熱気と窒素化合物で
      不快指数が当社比の120%増量中になります故 この
      まま地球に優しくない状態を維持しますね で?
(しびる)>で? ってなに? あーそうそう コミックスの残って
      るのを片さなきゃってことで なにからやるかね
(のりこ)>直近搬入分の残りですか えーっと 『団地ともお5』
      小田扉さんですね ちなみに最近知りましたが釦と書い
      てボタンと読みます 外来語とばかり思っていました
(しびる)>てか英語だわな たまにこういう当て字があったりする
      我が国の文字文化の懐の深さが好きだな で本題だが
(のりこ)>連載の方は読もうと思えば非常に容易いのですが あえ
      て読み飛ばすようにしてます スピリッツでコミックス
      をチェックしてるのは あと『殴るぞ』くらいですね
(しびる)>だな けっこう舐めるように読んでるけど そんなもん
      だ ところでこの『団地ともお』ぶっちゃけどうよ?
(のりこ)>どうもこうも やっぱし小田さんはうまいですよね し
      びさんは最初はあまり評価されてませんでしたけど?
(しびる)>うん 実際のとこ この設定で小田作風はどうかと思っ
      てたんだ まあ慣れたってこともあるだろうけど かな
      り評価してる 小田特有の抜け方がさらに洗練されてき
      たと思うし 構図はこれで完璧じゃん うまいよな
(のりこ)>ですね 『話田家』のあたりにあった どうとでも解釈
      できる曖昧な心象が整理されて そういう空気で読ませ
      るんじゃなくて真っ向勝負してるというか
(しびる)>あーそんな感じだな 地力が付いたんだろうね なんて
      偉そうなこと言ってるが 空気で読ませちゃいけないも
      んな これはとても大切なことだと思う いやホント
(のりこ)>あとはなにがありましたかねえ 吉田先生の『なめこイ
      ンサマー』は文字本だから対象外ですか?
(しびる)>そうだな 内容のほぼ半分は『ニューボンボン』であれ
      なんだが まあいいや そうでもしなきゃ再読しないし
(のりこ)>なんか前向きなんだか後ろ向きなんだかわかんない感じ
      ですね じゃあ『なめこ』はスルーで あとは 前後し
      ましたけど『殴るぞ7』 もう吉田先生は神様ってこと
      でいいんじゃないかと思うのですが 異論ありますか?
(しびる)>いや いいんじゃないの 吉田戦車に関してはただ惰性
      で読んでるんじゃなくて ホントにおもしろいもんな
(のりこ)>ですね ちょっと微妙な発言ですけど 先生の作品とは
      かなり長いお付き合いですが あいかわらず勢いが衰え
      ないですもんねえ でわでわ 神様ということで
(しびる)>んじゃ神様関係ということで『ヤング田中K一』だけど
(のりこ)>あー リナちゃんというのはリ○ちゃんのことですよね
      あんまし怖いから後半を伏せ字にしましたが
(しびる)>ウチは関係ないじゃん(笑) 二足わらじ系の作家だと
      は聞いてたけど タ○ラの社員だったのか ふうむ
(のりこ)>こういう業界なんですねえ ゲーム業界とかテレビの制
      作会社の一部とか 学生のノリでバカ騒ぎできる世界っ
      てのもあるんですよね 広告業界とかもそうなのかな
(しびる)>場合によるだろうけど 常識ってのは周囲の環境のこと
      だし 関係者全員がそれでいいと考えりゃバカ騒ぎも常
      識だわな 上意下達のワンマン経営もその会社では常識
      だし そゆのが案外まかり通っちゃうのがオトナの社会
(のりこ)>オトナの社会ですか こどもの時には社会はもうちょっ
      と真面目なものだと思ってるでしょ でも案外デタラメ
      がまかり通るんですよね それに早く気付いた人から順
      応するんでしょうけど ニートの人に言いたいですよ
(しびる)>仕事してこそのバカ騒ぎだけどな 身勝手と混同しちゃ
      うと粋なオトナになれないからな そこんとこもわかれ
(のりこ)>難しいですね(苦笑) ところで
(しびる)>悪い ちょい日付替えるわ またあした集合な
(のりこ)>あーそうですか んじゃまたあした あしたはお休み?
(しびる)>いや 午前中は仕事 午後から休日な んじゃ

               【翌日】

(しびる)>ういーっす なんか調子悪いわ 夏風邪かな
(のりこ)>あら そりゃまた あ! ばーか
(しびる)>なんだとこのやろう 上司捕まえてバカとはなんだ!!
(のりこ)>ひてて りゃってひびはんが なつかぜをひいたらばひ
      ゃっていうことにひようって もー ほっぺが伸びるー
(しびる)>そんなこと決めてねーじゃん バカちんが
(のりこ)>言いましたよもう 忘れたからってひどいですよ 夏風
      邪をひいたらバカの烙印なって仰いました まったく
(しびる)>あー そんなこともあったか とにかく帰って寝るから
      きのうの分をてきとうにまとめて登録な んじゃ解散
(のりこ)>なんだかなあもう
posted by 篠原しびる at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | すきま まんがだいすき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すきま まんがだいすき 23

(しびる)>ういーっす 夜になっても暑いよなあ ってそういう話
      ばかりするのもなんだかとは思うが コーヒーくれ
(のりこ)>ありゃ コーヒーっすか 煮出しのウーロン茶を大量に
      作り置きしましたのに ちんちんに冷えてますよ?
(しびる)>あのさ 女の子がち○ち○とか言うな
(のりこ)>バカなことを(苦笑) コーヒーっす 思ったより早く
      ご来所で 野暮用とやらは順調に終了ですか
(しびる)>まあな んじゃま『どうリタ』でも見ながらダラダラ始
      めるかね 今回からようやくの『欧州リベンジ』だな
(のりこ)>しびさんはホントこの番組が好きですねえ 私はどうも
      この内輪ウケな空気に馴染まなくて ちょい引きです
(しびる)>内輪ウケっちゃそれがすべての番組だもんな おっと?
      レート変換中に『フルメタ2』が始まったじゃん こゆ
      のは弟の方に割り振っておかなきゃなあ せっかくのT
      録体制なのに ダブルブッキンで作業中断は損だな
(のりこ)>知りませんよ フルメタは前後作の後編ですね 今回の
      シリーズはなんか頭に入ってこない話ばかりですが
(しびる)>んー キャラはいいけど 背景が悪いのかね このベタ
      な感じは まあそのうち馴染んでくるだろうさ
(のりこ)>HDDの容量は潤沢にありますけど 見て消すか移動さ
      せなきゃ増えるばかりですし そこんところも対応を
(しびる)>だな ちー太郎が最新スペックったって見なきゃどうに
      もならんわな しかしちー太郎は導入即実戦投入でオプ
      ションのチェックもしてねーが ざっと調べて使えそう
      なものを上げていかないと 優先順位を上げよう
(のりこ)>了解っす 例のRD解説書はちーくんも対応してました
      っけ? ならラクなんですけど ダメならマニュアルで
(しびる)>そこんとこは調整しよう よし んじゃま本題に入るぞ
(のりこ)>あーっと コミックス枠ですね どこまで遡りましょう
      か? 取り上げてないのは100冊以上でしょうし
(しびる)>んー 今回転送分だけでいいじゃん まずはこれかな
(のりこ)>これですか 今回で最終巻の『宇宙賃貸サルガッ荘5』
      ちょっと感動しました シッカリ作り込んでキッチリ終
      了しましたよねえ やっぱしすごいです マジで
(しびる)>ふむ 最終巻はちょい詰め込み感はあるけど それまで
      がけっこう穏やかに展開してたからな その対比という
      感じで解釈してもいいだろうし 日常マニアを諦めさせ
      るにはこれくらいのボリュームは仁義だとも思う
(のりこ)>日常マニアですか(笑) それはあるかもしれませんね
      メウちゃんがかなり煮詰まったキャラでしたから ハッ
      ピーエンドは必須項目でしょうし あーそうだ リコく
      んがメモリーに書いてた文字で気付きましたけど メウ
      ちゃんの綴りは『MEW』でシンメトリーですね
(しびる)>あといろいろ遊んでるみたいだけど それはいいとして
      魔女はこどもを産むと普通の女にってのは設定としてメ
      ジャー化してきたな けっこう好きな展開なんだわ
(のりこ)>空想キャラが日常化するってのはオタさんの永遠の夢で
      すからね そこんところのツボでしょ(笑)
(しびる)>まとめるなよ(苦笑) しかしなんだな テルの父親っ
      て設定は伏線があったっけ? 母親がテルの同僚とでき
      てるってことで茶化して収めてしまってるけど
(のりこ)>まだ再読に入ってないのでどうとも この5巻はいきな
      し不思議ちゃんキャラ達ででドカンと始まりましたから
      ちょっと驚きました ふたごは基本でしょうか?
(しびる)>陰陽とか白黒とか裏表とか とにかくシンメトリーな世
      界観で締める設定だったからさ 『対』ってイメージの
      伏線じゃねーの それと 魔女じゃなくなった元魔女が
      産む次のこどもは普通の人間だろうし 拡散増殖が命題
      なら第1子はふたごじゃなきゃ目減りするじゃん?
(のりこ)>なるほど メウちゃんが普通のお母さんになってホウキ
      に跨って空を見上げるところ あのシーンはいいですね
      なんかじーんとしました うまいなあ
(しびる)>うまいよな エロエロな短編ばかり読んでたけど そう
      いうのを下敷きにできる作家はうまいよな でもちょっ
      と戦闘シーンはうるさすぎ クセなんだろうけど
(のりこ)>ですね 寄り過ぎなのと擬音の多用ですか あと戦闘シ
      ーンはコマ割りがデタラメで 特にアヴェくんが暴れち
      ゃうとわけがわかんなくなります まあ雰囲気ですけど
(しびる)>そうそう テルと親父の最終決戦の寸前 見開きで展開
      するのは爺さんの過去話だよな あのページはちょっと
      戸惑ったけど 博士のつぶやきの裏取りか
(のりこ)>魔女に愛され愛したものだけがサルガッソーから脱出で
      きるってあれですか あー そう読めばいいんですね
(しびる)>作り込みが過ぎるから一読では理解しがたい部分もある
      な それも踏まえてお気に入りのシリーズに決定か
(のりこ)>大団円はいいですねえ 後日談もシッカリと それにお
      まけの巻末マンガ 私に関しては御意見無用で(笑)
(しびる)>のりこ式のアシスタントはウチが草分けだからな そこ
      んとこの自負は常にもって活動するように 本編キャラ
      を内輪マンガに登場させるのは以前からあったけど
(のりこ)>キャラの創造に関しては島本先生も描いてらしたですよ
      ね えーっと『新吠えろペン2』 同業者と取った取ら
      れたで大騒ぎをするのもどうかとは思いますけど
(しびる)>あいかわらずいいテンションだよな 名言も連発だしさ
      富士鷹みたいなキャラとマリ林みたいなキャラが混在す
      るマンガなんて なんでもアリっちゃ怒られるけど
(のりこ)>ヒロくんは蒸発しちゃったまんまなんですね 新しいア
      シスタントの募集なんかやってますけど
(しびる)>あれは旧作のキャラだろ またどこかで再登場ってこと
      もあるやなしや どうでもいいとは思うが さてな
(のりこ)>ところで 次回予告でまた富士鷹先生が叫んでますね
(しびる)>叫んでるな そもそもこのマンガの登場人物達は情緒不
      安定なんだよな 特に作家連中は まあ作家ってのはナ
      イーブなものだし ウソでくらい叫びたいものだろ
(のりこ)>ホントは叫びませんかね
(しびる)>ホントも叫んでそうだな(笑) んじゃ次はキッチリ作
      り込みの対極にある『成恵の世界8』 日常マニアには
      大喜びの延々マンガだ 延々続けどこまでも うらー
(のりこ)>はいそこ 夜中に叫ばない(笑) でも いつまでも続
      いて欲しいですねえ キャラの増殖もやや落ち着き気味
      ですし インフレを起こさない程度に進めてもらえば
(しびる)>ふむ バチスカーフがいいな 今回はやたらパンツの露
      出が多かったが この路線は諸刃の剣 みんな気を付け
      ろ うひょーなんて喜んでる場合じゃないぞ なあ?
(のりこ)>なあ? と言われましても(苦笑) カズちゃんと香奈
      花ちゃんの関係がびみょーな感じに あと丸尾くんと妹
      ちゃんの関係もびみょーで 千佳ぽんとアキちゃんが香
      奈花ちゃんちの事情を知ってるのは設定としてグッドで
      すね そこら辺を考慮して54話はいい感じですね
(しびる)>まあな 前半は時代屋関係で埋まってるし ラストの丸
      尾の短編もいい感じだとは思う もうちょいリリカルに
      傾けてもよかったかもしれんが そこは趣味の問題か
(のりこ)>丸尾くんは淡白ですからね あの程度がバランスいいで
      すよ 『まっ いいか』が信条のキャラでしょ
(しびる)>だわな よし成恵はこのくらいにして 次はこれも延々
      マンガの代表作『ヨコハマ買い出し紀行13』
(のりこ)>ビッグなネームが続きますね どれもそれ1作で1回使
      ってもいいくらいなのに えーっと それぞれ感想を述
      べるのもヤボな話ばかりなんですが マッキちゃん い
      い感じにお姉さんになってきました
(しびる)>いい感じだな とびらマンガのマッキもいい味だし コ
      コネと対面するマッキの感じもいいな ところで 魔女
      じゃない彼女達は永遠に生き続けるのな
(のりこ)>アルファちゃんとかココネちゃん? ですね だからこ
      そ巻頭でココネちゃんに否定させたりするんですよね
(しびる)>まあな すぐに世代が替わってしまうか そういう感じ
      って現実じゃないのに概念として定着したな 前回の『
      ほしのこえ』話じゃないけど 切なさのモチーフとして
(のりこ)>なんでしょうねえ この感じは 遠距離恋愛でもないし
(しびる)>そっちか んー そっちじゃないな ムリに例えるなら
      なんだろ やっぱしそっちかな 距離が離れると心がズ
      レてく感じは 遠距離恋愛くらいかな 現実としては
(のりこ)>まあムリに例えることもないでしょうけど こういうの
      も『萌え』に代表されるような記号論で片してもいいの
      かな なんかそういうのとも違うような気もしますが
(しびる)>まあいいか ところで関係ないけど バイク欲しいなあ
(のりこ)>そりゃまた関係ない話で いや なんか今回はスクータ
      ーの話が多いですよね 女の子はみんなスクーターに乗
      ってますし いまさらスクーターが欲しいですか
(しびる)>いや 400くらいのがいいな 買おうかなあ
(のりこ)>免許持ってるんですか えーっと 中型自動二輪免許?
(しびる)>持ってるに決まってるじゃん 中古ならいくらくらいす
      るかねえ なんでもいいんだけどな んー
(のりこ)>なんでもいいって そゆのはまず欲しい車種とかメーカ
      ーとか そういうのから入らないですか普通?
(しびる)>別にい スタイルに憧れるだけで なんでもいいんだ
(のりこ)>はあ まあ またその話は別でやりましょう
(しびる)>んー ギュルルーン バウンバウン ブイーン
(のりこ)>なんだかなあ(苦笑) とにかく締めますね
posted by 篠原しびる at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | すきま まんがだいすき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すきま まんがだいすき 22

(しびる)>ういーっす なんかテレビっちゃホラーでどうよ?
(のりこ)>さっきやってましたね『着信あり』 あとでBSでもな
      にかやるみたいですけど この時期はなんだかなあ
(しびる)>夏だから怪談ってのは誰が決めたのかね まあいいけど
      溜まったのを少しでも片しておくか まんが枠な
(のりこ)>はーい なにやりましょうか
(しびる)>ちょい前だけど 『新現実5』に永野のインタビューが
      あと吾妻の連載と貞本のCUEからの転載とか
(のりこ)>永野先生の新作はナシですか
(しびる)>マンガは描いてないんじゃないの どこかで調べればな
      にか引っ掛かるかもしんないけど
(のりこ)>もう描かないのかなあ どうでもいいようなマンガばっ
      かし読んでると無性に永野先生の作品に触れたくなりま
      すよ どうでもいいは言い過ぎかもしれませんけど
(しびる)>その場で訂正するなら考えてから発言しろよな(笑)
(のりこ)>まあ読めば読むで『うわキツイなあ』って気分に浸るわ
      けですけど この感覚はどうなんでしょ
(しびる)>煮え煮えの作家だからな んじゃまマンガの話もしたか
      ら帰るわ あと3時間で起床時間だし じゃあな
(のりこ)>なんですかそれ これから永野先生の話をみっちりやる
      んじゃないんですか 本腰入れかけてるのに
(しびる)>最悪90分は寝ないと危ないの 運転するから
(のりこ)>うい んじゃまお気をつけて 私は永野先生の作品でも
      ひっくり返して読破します故 コーヒー飲もっと
(しびる)>いいな のりこはさ
posted by 篠原しびる at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | すきま まんがだいすき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すきま まんがだいすき 21

(しびる)>ういーっす たまにゃこっちの仕事もするか
(のりこ)>あ おはようございます こっちの仕事って 向こうの
      仕事とかってのが忙しいですか ご意見ですねえ
(しびる)>書類仕事を持って帰る毎日 なんかもう自由時間ってな
      いもんな 朝まで文字間をカーニングして そのまま出
      勤だろ たまに気を失うのが睡眠なんてよう
(のりこ)>なにをやってらっしゃるのか知りませんけど あんまし
      ムチャしないようにしてくださいね 食事と睡眠はきち
      んと摂取する これがヒトのカタチを維持します故
(しびる)>そうだな ヒトとしての造形が怪しくなるもんな
(のりこ)>ですよ おっと『おくさまは女子高生』が終わりました
      ね 重なって『ハチクロ』が始まってます まったくも
      ってW録バンザイですけど ところでこの『ハチクロ』
      の1話はどうしようもないですか 失敗しましたけど
(しびる)>えーっと どうしようもないな だから2話からきちん
      とチェックし始めよう あと放置組はなんだ?
(のりこ)>『絶対少年』とか ちょっと見て続いてないのが『まほ
      らば』に『ローゼンメイデン』ですか どっちもちゃん
      と見ればそれなりに楽しめそうですけど?
(しびる)>ふむ そのうち暇になったら一気に見よう で 今回こ
      の枠は溜まったコミックスの方を片すからな さて
(のりこ)>どこから始めたものですかね いま手の届くところにあ
      るのはー 古賀さんの『ゲノム』が『新ゲノム』に
(しびる)>なんで仕切り直しだ? 出版社替わったのか 旧作の連
      載は『月刊カラフルBee』? ビブロス?
(のりこ)>そもそもなんでこんなマイナーな雑誌の連載作品を買い
      ますかね 今回のは うわ『コミックメガストア』!
(しびる)>ひどい雑誌に連載してるよな(苦笑)
(のりこ)>だからまあこういう内容なんでしょうけど このひとの
      ネームは独特のリズムですよね ある意味すごいですか
(しびる)>ある意味もなにも 尊敬してる作家のひとりだって パ
      クマンのセリフはどれをとっても珠玉の響きじゃん し
      かも今回は所長がいい感じになってるし 古賀氏バンザ
      イということで事務所の意見を統一したいと思う
(のりこ)>その事務所の意見から私は除外しておいてくださいね
(しびる)>ちっ つまんねーやつ まあいいや んじゃ次はなんだ
(のりこ)>自分でも話を拡げるのがめんどうになってたくせに な
      ら次もなぜか改訂版の『サーティーガール1−2』です
(しびる)>旧作はどこからでてたかな えーっと双葉社か ちなみ
      にタイトルも微妙に替わってるな 前作は『30GIR
      L.com』 リリコが悪夢を見る話で終わりか
(のりこ)>コミックスの体裁としては新刊の方がずっと読みやすい
      ですね キャラ紹介やエピソードの分布 あいかわらず
      日立のCMは満載されてますけど 教師時代のあれこれ
      なんかも載ってますから 筋を追い掛けるにはラクです
(しびる)>まあな どうせ両方押さえるヤツばかりだろうけど
(のりこ)>須藤くんとか サブキャラに力を入れて展開してくれる
      と細かい理解が進むんですよ 旧作を一読したときには
      誰がなにやらって感じでしたけど
(しびる)>今回は旧作を踏まえて読んでるからだろ しかしいいよ
      なあ キャラ設定にネタの選択 どれをとってもすばら
      しいと思う 最初旧作を読んだときには この突き放し
      感はどうよって 寒気すらしたもん
(のりこ)>ベタ褒めですねえ まあ私もこの作品はお気に入りです
(しびる)>キッチリ定まった軸がぶれないもん そゆのがいいんだ
(のりこ)>軸ですか 原作の人がいるんですよね なんか装丁まで
      してるみたいですけど webの方もチェックしますか
(しびる)>いや そこまで追い掛けない そゆことしてたら人生に
      余裕がなくなるから あくまでもコミックス買いで
(のりこ)>ふうん そりゃまいいですけど ならこの先は白泉社版
      で続刊がでるってことですよね また出版社替わって3
      巻同時発売だったりして うひゃあ(苦笑)
(しびる)>描き下ろしが付くなら押さえるに決まってるじゃん
(のりこ)>そうやって竹本先生の改訂版を延々と買い続けなきゃい
      けないんですよね 迷惑な商法ですよ(苦笑)
(しびる)>仕方ないよなあ
posted by 篠原しびる at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | すきま まんがだいすき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すきま まんがだいすき 20

(しびる)>まんだい枠も20か そろそろ20超えで揃えるかな
(のりこ)>枠は何個ありましたかね まんがだいすきと てれびだ
      いすきと ろと6だいすきと あにめだいすきですかね
      4個で20だとすれば80本ですか で? すきま?
(しびる)>すきまだろ ちょいとミーティングの編集会議でも50
      本超えてるんだぜ メルマガなんか130くらいじゃな
      いか そもそもウチの諸作品は1000本超えてるし
(のりこ)>そんなのと比べるとあれですけど キーボードが暖まる
      までの繋ぎ企画とかじゃなかったんですか
(しびる)>調子よければどうでもいいじゃん そもそもそういう発
      議は編集会議でやれ 調子いいときに水を差すのがアシ
      スタントの仕事かよ そこんとこ考えろよな
(のりこ)>あーはいはい ならまんがだいすき枠ですね 最初は?
(しびる)>なげやりな進行しやがって まあいいや 今回は絞り込
      まないで適当に拾う まずは問題児田中圭一の『鬼堂龍
      太郎・その生き様1』 1ってことは続くのか
(のりこ)>あいかわらずですね 表紙の帯を外して中身を確認して
      ましたら『こんなところチェックしてないで早く中身を
      読め』って書いてありました まあそれはいいですけど
(しびる)>原作者ってのはネタなのか どっちでも意味ないだろう
      けど 編集者とのやりとりを得票数の推移を含めて展開
      してるのはおもしろいな ホントはこういうのが好きな
      んだけど ここまでハッキリやるのも珍しいだろ
(のりこ)>そうですね 増減も10票程度の変化ですけど 分母っ
      てどれくらいなんでしょ? 万単位じゃないですよね
(しびる)>まあ違うわな 2桁くらいじゃねーの この感じなら
(のりこ)>ビジネスジャンプ自体は数十万部くらいは売れてるでし
      ょうし それでアンケートハガキが2桁ですか
(しびる)>そんなもんだろ しかしひどい内容だなこれ 『神罰』
      にもでてたけど 田中の描く怪獣って震えて汗かいてる
      のな あの感じはどこからくるのやら
(のりこ)>『神罰』はひどいですよね(苦笑) でもあの怪物くん
      は営業成績はトップだったり そしてまたしても○泉総
      理がヘンな仕事させられてますし なんだかなあ
(しびる)>小○総理か『どいつもこいつも国民のやつときたらー』
      あの妙な似顔絵はどこからくるのかなあ
(のりこ)>あとギャル川専務 うわ一発変換しましたよ(笑)
(しびる)>変換とか言うな ややこしくなるから(笑) それとロ
      ベスピエール大越先生 うわこれも一発変換するぞ
(のりこ)>だから変換とか言わない ウチの辞書はどうなってるん
      でしょうねえ あとジョナサン・エドガー氏の眼が
(しびる)>ヤダよなあの眼 てかメガネか どっちでもいいけど
(のりこ)>ホントどっちでもいい作品ですよ 続巻も買いますか?
(しびる)>こんなばかばかしいマンが 買うに決まってるじゃん?
      んじゃ次は『クロスロオド2』 今回もいい動きだな
(のりこ)>カバー丈の半分もある帯ですよ こんな太いのは初めて
      ですね そのうちカバーの8分丈とかでますよ
(しびる)>その帯話から入るって手法はどうよ まあいいけど た
      しかにがばがばして読みにくいのな で内容だけども
(のりこ)>ジェニファーちゃんの身体測定のシーンは しびさんの
      究極ストライクでしょ 爆死した様子が想像できます
(しびる)>こんなので爆死するかよ でもいいな クエンティンの
      姉ちゃん なんてったっけ? ちょい壊れすぎかな
(のりこ)>お姉さんはスーパーウルトラ天才で 卑怯者ですし
(しびる)>あの姉妹は続編にまた登場するわな それはちょっと脇
      に置いて 新キャラはウォーキング・クローゼット
(のりこ)>ぽしぇっとちゃんですね プチキャラで梃入れと言うよ
      りは 展開用の解説ちゃんですね そろそろファーガス
      くんの知識で追い掛けるのにもムリがでてきましたし
(しびる)>そうだろうな 姉弟揃って田舎者って設定だし 弟が物
      知り過ぎるとヘンだよな ここから先はポシェットか
(のりこ)>かわいいですよね アリス+ウサギって感じですか
(しびる)>不思議の国のか キャラデザインも秀逸だけどメカもい
      いよな あの列車なんか感動した 小物もいいし
(のりこ)>ヒョウタンスイカの中身はジャンクフードなんですよね
      最初1巻を読んでたときはそれほどとも思ってなかった
      んですけど なんかこの作品すごすぎ 世界観がしっく
      りしてからぎゅんぎゅんきますよ 1巻も再読ですね
(しびる)>まあね 1巻はちょいテーマが重かったからさ 軌道修
      正が功を奏したって感じじゃないの 実際のところ
(のりこ)>そうかもしんないですね 親方さんが死んじゃったりし
      ますし 間が空いたんで1巻の内容が薄れてました
(しびる)>おっと コミックパーティーが始まってるな 撲殺天使
      ドクロちゃんのCMやってるじゃん これが私のご主人
      様のCMも まだ録画してたのな もう切るかね
(のりこ)>どかんとレートを落しましょうか? MN10くらいと
      か なら容量も20%くらいに圧縮できますし
(しびる)>そこまでして残す必要もないわな 見ちゃ消す もしく
      は見ずに消すモードでいいじゃん てかもう切ろう
(のりこ)>うい 了解っす
posted by 篠原しびる at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | すきま まんがだいすき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すきま まんがだいすき 19

(しびる)>んじゃ まんがだいすき枠を片すぞい とコーヒーくれ
(のりこ)>はあ コーヒーはすぐ入れますけど 大丈夫ですか?
(しびる)>なにが? さてまずは島本関係をいくかな 最初はこれ
      『卓球社長』 あー『バジリスク』が始まってるな
(のりこ)>テレビは消してやらないですか まあいいですけど こ
      のアニメは女の子の質感がぽちゃぽちゃしててかわいい
      ですね 内容はひどいものですけど(苦笑)
(しびる)>そうな ひどい内容だよな まあいいけど んでさ卓球
      社長はいいな 島本が描く『人の上に立つ者』ってのは
      誰も彼もみんな器が大きくてよろしい ペンシリーズは
      自画像だからちょっと弱気も入ってるが その辺も含め
      て上司の悲哀というのは共感できる部分がかなりあるな
(のりこ)>上司の悲哀ですか
(しびる)>人の上に立つってのはたいへんなのよ 人間は自分を仕
      切るのもたいへんなのに 他人の面倒まで見なくちゃな
      らん 煽てて諭して叱って褒めて 給料以上の仕事をさ
      せなきゃ立ち行かないし ホント ツライよねえ
(のりこ)>しびさんの愚痴を聞かせるコーナーじゃないですし そ
      の部分はまたあとでじっくり聞きます(きっぱり) ち
      ょうど卓球社長を読みながら地上波で『Shallwe
      ダンス?』を見てたんですよ やっぱりなんかメジャー
      な趣味ってのも必要なんですかね いい大人には
(しびる)>メジャーな趣味ってか 社交ダンスも卓球も趣味のジャ
      ンルとしてはかなりニッチだと思うが
(のりこ)>認知度って意味ですけどね 競技人口はとにかく 履歴
      書に書けるじゃないですか ゴルフとかバイクでツーリ
      ングとかでぎりぎり 麻雀とか鉄道模型なんかは書けな
      いでしょ ましてやアニメやマンガなんてのは問題外
(しびる)>別に履歴書になにか書かなきゃいけないってもんでもな
      いだろ お前はすぐそうやって世間体で人生を見直そう
      とするが こっち方面のヲタってのは上品なものだろ
(のりこ)>上品ですかね ふむ まあ ところでこの社長さんの息
      子さんはマンガ家なんですね 最後の大オチにこの職業
      を持ってきますか 意図的よりも配慮ですかね
(しびる)>なんの配慮だよ 普段マンガに命掛けてるマンガを描い
      てることに対するアンチテーゼかな メジャーはメジャ
      ーでも超一級にならない自分に対するアンチテーゼと解
      釈してもいいかもしれん これが客観なんだろ
(のりこ)>ふうん ところで巻末の『バンゲームナイト』 いかに
      もネタ先行ですね これ 専用に揃えた設定と相関ばり
      ばり 読み始めた途端に展開やオチまでわかりましたよ
(しびる)>まあそう言うない こういうのもまた島本テイストなん
      だから きっちりベタをやるのもたいへんだと思うよ
(のりこ)>ベタですねえ それと先に進めちゃいますけど『新装版
      逆境ナイン』 逆境がどうこうじゃなくて屁理屈とこじ
      つけですよね 勢い勝負とも言いますか
(しびる)>それは全部正解だが間違っている! と言いたいけどそ
      うだわな 自業自得って逆境が多いし でも魂の言葉が
      連発される作品でもある『それはそれ!これはこれ!』
(のりこ)>んー しびさんのベストはそれですか 私はなんといっ
      てもこれ『クラスのひまな人!』 ゴゴゴゴゴ
(しびる)>その効果音は間違ってないか のりこのツボはなあ
(のりこ)>危なく気を失いそうなくらいツボでした あ『LOVE
      LESS』がやってる? 時間変更かな
(しびる)>野球の季節だからねえ んじゃこんなところか
posted by 篠原しびる at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | すきま まんがだいすき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。